ファッションモデルになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ファッションモデルになるには

全身を使って最先端のファッションを見せる

ファッションモデルの仕事は、ファッションショーに出演するモデルと、テレビCMや雑誌・広告などのモデルの2種類に大きく分かれます。衣服やアクセサリーなどの雑貨を身につけ、商品を華やかに魅力的に見せるなど、ファッション業界には欠かせない仕事です。 ショーのモデルは、デザイナーの作品を魅力的にアピールし、世界的に活躍の場を広げることが可能です。テレビCMや雑誌・広告などのモデルは、ディレクターや編集者、カメラマンなどの指示に従い、表情やポーズをつくることが求められます。また、顔や全身だけではなく、手や足だけのモデルもあります。 一般的には、歩き方や着こなし、表情、ファッションセンス、プロポーションの良さが必要ですが、独自の個性や表現力なども大切と言えるでしょう。商品を魅力的に見せるために、プロポーションの維持や歩き方など、日々の努力が欠かせません。 モデルに必要な資格は特にありませんが、ウォーキングと呼ばれる歩き方や、プロポーション維持に必要な栄養学の知識などを専門学校などで学ぶことも有効です。 卒業後は、オーディションを受け、モデルクラブに所属をするのが一般的なモデルへの道と言えます。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ファッションモデルになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

ファッション・きもの系(ファッションビジネス関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)