音楽療法士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

音楽療法士になるには

音楽を通して心身障害を持つ人や高齢者の心を癒す

音楽には、人の心に大きく作用するパワーがあります。CD販売店や一部の書店等でも、リラクゼーションやプラス思考、意欲を高めるなどといった目的別の音楽CDやテープが販売され、一般の人々にも広く人気を呼んでいます。音楽療法とは、こうした音楽の持つ特性に注目した療法です。病気や障害を持つ人が音楽を聴いたり楽器を演奏することで、不安状態の緩和や痛みを和らげる効果を期待する心理療法の一種で、主に老人福祉施設や老人介護施設、身体障害児施設などで積極的に取り入れられています。音楽療法士は、音楽が持っている生理的・心理的な動きを応用し、計画的に治療プロセスを実践します。音楽療法に関する知識や技法に加えて、豊富な臨床経験からケアが必要な人の心を癒していきます。音楽療法の職場は日本ではまだまだ未開拓の部分ですが、ストレス社会が進むなか、今後はそのフィールドも次第に広がっていくものと思われます。

医療・看護・医療事務系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

音楽療法士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

医療・看護・医療事務系(医療関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)