消費生活アドバイザーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

消費生活アドバイザーになるには

消費者の相談に対応し、企業活動に反映させる

消費者と企業、行政機関とをつなぐ「架け橋」といえる消費生活アドバイザーの仕事。主に企業や地方公共団体などに所属し、消費者からの相談や苦情などに的確に応え、その意向や意見を、企業や行政に反映させます。特に企業などでは、消費者が安心・納得し、信頼される商品の開発やサービスを提供する必要性から、消費生活アドバイザーの存在が重要性を増しています。消費者窓口などから収集した消費者のナマの声を、開発部門にフィードバックし、製品の改善や開発に反映させ、商品テストなどにも立ち会います。さらに、消費者から寄せられた苦情などから、問題点を正確に把握したうえで、商品企画、広告・宣伝、広報、販売、市場調査など、さまざまなセクションと緊密に連携して、問題点の解決にもあたります。

ビジネス系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

消費生活アドバイザーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ビジネス系(秘書・ビジネス全般の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)