舞台機構調整技能士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

舞台機構調整技能士になるには

ホール・劇場などの舞台での音響を担当

舞台機構調整技能士は、芝居、演劇などの公演に際し、舞台機構の一部である音響装置の調整などを行います。効果的な音響プランを作成したり、各種機械・装置を調整し操作します。さまざまなスタッフによって支えられている舞台の音の部門の専門家です。音響機器を自在に操作する知識と、音に関する優れた感性が必要になってきます。演劇・ミュージカル等に使用する音響機構の調節の場で舞台効果を盛り上げる名脇役といえるでしょう。 舞台機構調整技能士になるには、舞台機構調整技能士という国家資格が必要です。音響技術専門会社や放送局、番組制作会社などに就職し、資格を取得する人が多いようです。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

舞台機構調整技能士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

音楽・イベント系(音響関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)