ブリーダーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ブリーダーになるには

次の世代へ優秀な血統を引き継ぐ

主に血統書つきの犬や猫を計画的に繁殖させ、次の世代にその血統が引き継がれるようにする仕事(ブリーディング)です。ブリーダーは、繁殖させる動物の何代もの血統を熟知していることはもちろん、健康状態を見極めて、遺伝による疾患の可能性が低い交配相手を見つけ出す能力と経験も必要です。また、生まれた動物に対して、責任を持って飼育管理していくことは、重要な仕事であり、義務といえるでしょう。 ブリーディングを行う種類は、愛玩用のペットから展覧会に出展するためのものまでさまざまです。ブリーダーごとに考え方が違うため、より優秀な血統をつくるために新たな交配にチャレンジするブリーダーもいれば、純粋種をていねいに繁殖させていくブリーダーもいます。 ブリーダーになるために必要な資格はありませんが、動物関連の専門学校で知識や技術などを修得し、ペットショップなどで経験を積んでいきましょう。近年ではさまざまな種類のペットを飼う人が増えていますが、命を持つ動物を扱う仕事の責任は重いものです。ブリーダーとして開業する際には、動物愛護法によって都道府県へ「第一種動物取扱業」の届出を行う義務があります。

動物・植物・フラワー系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ブリーダーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

動物・植物・フラワー系(動物関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)