家畜人工授精師になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

家畜人工授精師になるには

家畜の改良や増やすための人工授精を行う

家畜人工授精師とは、牛や馬、ブタなどの家畜に対して、人工授精または受精卵移植を行う技術者のことです。遺伝子的に優秀なオスから精子を採取し、発情期のメスに細い注入器を使って人工授精を行います。現在、日本での牛の繁殖はほとんどが人工授精で行われています。牛の場合、自然交配では1頭のオスから年間50から100頭の交配が限界でしたが、人工授精によって数百頭から数万頭にまで増大させることが可能になりました。家畜人工授精師は、動物の親から子、子から孫へと世代を越えて携わることのできる、夢とやりがいがある仕事と言えます。

動物・植物・フラワー系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

家畜人工授精師になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

動物・植物・フラワー系(動物関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)