バーテンダーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

バーテンダーになるには

カウンターの中のカクテル作りの職人

バーテンダーは、ホテルやレストランのバーなどでカクテルなどのお酒を作ることが主な仕事です。世界中のお酒がずらっと並ぶお店のカウンターに立ち、シェーカーを振る姿に憧れて、バーテンダーを目指す人もたくさんいます。 カクテルは、数種類のお酒を混ぜて作ります。世界各国のさまざまなお酒を組み合わせて作るカクテルの種類は多数あり、それらすべてをマスターするのは簡単ではありません。またバーテンダーが独自の配合を考え、オリジナルのカクテルを作ることもあります。時には、お客さまの味のリクエストに応じてカクテルを提供することもあるので、お酒に関する幅広い知識が必要です。 バーテンダーになるには、専門学校などで世界のお酒に関する知識と接客マナーを学んでおくとよいでしょう。ベースとなるお酒の種類は非常に多く、配合のバランスで名前や味が変わります。カクテルそれぞれの作り方をマスターするために、基礎知識を学んでおくと役に立つでしょう。 この仕事をするのに特別な資格は必要ありませんが、サービスを提供する仕事ですので、協調性があり、人と接するのが好きな人に向いているでしょう。 技能の向上を目指す人には、日本バーテンダー協会が行っている「バーテンダー呼称技能認定試験」などがあります。これらに合格し、さらに技術を磨いてバーテンダーコンテストに出場する人もいます。

調理・製菓系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

バーテンダーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

調理・製菓系(調理関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)