クッキングアドバイザーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

クッキングアドバイザーになるには

企業のイメージアップにつながる調理法や調理器具のアドバイザー

クッキングアドバイザーは、食品メーカーや調理器具メーカーなどに勤務、あるいはフリーでこれらの企業の依頼により、消費者に製品のPRを兼ねて料理の実演やアドバイスをするのが主な仕事です。デパートやスーパー、イベント会場、または家庭を訪問し、自社製品を使って料理の実演や調理方法のアドバイスを行い、新製品の情報を提供します。商品の販売が本来の目的ですが、企業のイメージアップ戦略として重視されています。 この仕事をするのに特別な資格は必要ありませんが、調理の専門学校などで基礎を身につけ、調理師や栄養士の資格を取得しておくと良いでしょう。 デパートやスーパーの実演販売には大人から子どもまで多くの人々が集まるので、商品を的確にアピールするためには、商品や食材の知識はもちろんのこと、明るくハキハキとした対応と人あたりの良さが求められます。最近は、テレビや雑誌などでも頻繁に食材が取り上げられ、成分や効能の特集をするなど情報があふれています。このため専門的な内容や新情報に詳しいお客さんも多く、明瞭な説明や対応が求められる場面も多くあります。常に新しい情報を仕入れ、世間の動向に敏感な人が向いているといえるでしょう。

調理・製菓系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

クッキングアドバイザーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

調理・製菓系(調理関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)