資格カタログ

フォークリフト運転技能者【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

工場や倉庫のある、大小様々な企業で活躍

 倉庫や工場などの敷地内において、最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転する(道路走行をのぞく)ための国家資格です。各地の指定教習機関で学科と実技からなる技能講習を受講し、修了試験に合格すれば資格を取得できます。

 運送会社や倉庫といった物流関連の職場、鉄鋼業、製造業など、大きな荷物を運ぶ必要のある場所では常に高いニーズがあるため、有資格者は職場で優遇されています。

 また、つり上げ荷重5トン以上のクレーンを運転するための「クレーン・デリック運転士」の資格やブルドーザーやパワーショベルなど、一定の車両(3トン以上)の建設機械を運転・操作することができる「車両系建設機械運転技能者」などの資格もあわせて取得すれば、活躍の場はさらに広がるでしょう。

活躍の場

運送会社などの物流業界、工場、倉庫など

受験情報

受験資格 (東京労働基準協会連合会の場合)
11時間コース:普通自動車以上の運転免許証を有し、かつ1トン未満のフォークリフト特別教育を受け、その後3ヶ月以上の業務経験がある方
31時間コース:普通自動車以上の運転免許を有する方
受験科目 詳細は主催団体のホームページをご参照ください。
受験料 詳細は主催団体のホームページをご参照ください。
申込方法 (東京労働基準協会連合会の場合)
インターネット、申込書利用(銀行振込み、現金書留、来所)
試験方法・取得方法 詳細は主催団体のホームページをご参照ください。

問い合わせ

フォークリフト運転技能者
(国家資格)
(東京都の場合)公益社団法人 東京労働基準協会連合会
東京都江戸川区中央1-8-1内宮ビル
03-5678-5556
http://www.toukiren.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「フォークリフト運転技能者」の紹介
資格カタログでは「フォークリフト運転技能者」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「フォークリフト運転技能者」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「フォークリフト運転技能者」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ