資格カタログ

インドネシア語技能検定試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

日本で唯一のインドネシア語技能検定試験

 インドネシア語技能検定試験は、インドネシア共和国教育文化省言語育成振興局と提携し、インドネシア語の普及と学習者のレベル向上を目的とする日本で唯一の検定試験です。インドネシア語を勉強するビジネスマンやOL、学生が、自分のレベルを知り、仕事に生かすための実力試験として挑戦しています。インドネシア関連企業の中には、採用試験の際に上級取得者を考慮に入れるところもあります。何か語学を修得したいと考えている人には、おすすめです。仕事で使うためにはB級以上を取得しましょう。

 試験は特A級~E級まで6つのレベルで実施されます。E級は、初歩的な単語や文章が読め、書くことができるレベル。D級は、簡単な挨拶などの初歩的な意思表示ができるレベル。C級は、基本的なインドネシア語を理解できるレベル。B級は、社会生活や職場に必要なインドネシア語を理解できるレベル。A級は、社会生活や職場に必要なやや高度なインドネシア語を理解できるレベル。特A級は、通訳、翻訳者として通用するレベルです。A級合格者のみ受験できます。試験は、筆記とリスニング試験です。B級以上は、2次試験で面接試験が実施されます。

活躍の場

貿易関係企業、旅行関係企業、インドネシアに進出している一般企業など

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし(特A級はA級合格者)
受験科目 【1次試験】特A級以外:読解、語彙、文法、作文、リスニング / 特A級:翻訳、作文、ディクテーション
【2次試験】B級:音読、質疑応答 / A級:リスニングの要約、質疑応答 / 特A級:逐次通訳、スピーチ
受験料 特A級18,000円、A級9,000円、B級8,000円、C級5,500円、D級4,000円、E級3,000円
※全て税込
申込方法 インターネット、郵送、取扱店や協会窓口での出願、学校の団体出願
試験方法・取得方法 1次試験:筆記、2次試験:面接

問い合わせ

インドネシア語技能検定試験
(民間資格)
日本インドネシア語検定協会
東京都港区新橋 6-4-8 M6ビル4F
03-3438-4790
http://www.i-kentei.com/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「インドネシア語技能検定試験」の紹介
資格カタログでは「インドネシア語技能検定試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「インドネシア語技能検定試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「インドネシア語技能検定試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ