資格カタログ

「ハングル」能力検定試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

活用の幅も広がり、注目度が高まっているハングル

 お隣の韓国とは近年、文化交流が進んでおり、経済的にも密接な関係にあります。日本国内の旅行よりも安く済む場合もあり、ショッピングに美容にグルメにと女性を中心に人気の旅行地としても定着してきました。ドラマや映画の最新情報など韓国のサイトで入手される方も増えてきています。また2002年には、大学入試センター試験に韓国語が導入されるなど、その言語の活躍場面も広がってきました。韓国語は日本語と文法構造や発音が似ている点や、発音も意味も全く同じものまでありますので、他の外国語に比べて身につきやすい語学であると言えるでしょう。

 試験は5級・4級・3級・準2級・2級・1級と6段階に分かれています。通訳を目指すなら、同時通訳レベルの1級を目指しましょう。似た資格として韓国語能力試験がありますが、違いをあげると、筆記試験・ヒアリング試験以外に「ハングル」能力検定では口頭試験があるところでしょう。

活躍の場

通訳、翻訳、旅行など

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし
受験科目 1級:1次試験 筆記、聞取・書取、2次試験 面接 / 1級以外:筆記、聞取
受験料 1級10,000円、2級6,800円、準2級5,800円、3級4,800円、4級3,700円、5級3,200円
※全て税込
申込方法 郵送、インターネット
試験方法・取得方法 1級:1次試験 マークシート、記述式解答用紙使用 / 1級以外:マークシート使用
※1級、2級の設問は韓国・朝鮮語

問い合わせ

「ハングル」能力検定試験
(民間資格)
特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会
東京都江東区亀戸2-36-12 8F
03-5858-9101
http://www.hangul.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「「ハングル」能力検定試験」の紹介
資格カタログでは「「ハングル」能力検定試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「「ハングル」能力検定試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「「ハングル」能力検定試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ