資格カタログ

弁理士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

技術と法律を駆使する知的創造社会の担い手

 暮らしの中の物は、人々のアイデアやデザインなどをもとに作られています。これらの発明やアイデア、マークやデザインなどが勝手に使われたりまねされたりしないよう、一定期間、創造した人の財産として保護するのが「産業財産権(工業財産権)」です。具体的には、特許権、実用新案、意匠、商標があります。これらの権利化に力を発揮するのが、弁理士です。
 弁理士の中心的業務は、産業財産権に関わる特許庁への事務手続きを代理することなどで、特許戦略に関するコンサルティングなども行います。弁理士として活躍するには、毎年1回行われる弁理士の国家試験に合格した後、日本弁理士会に登録する必要があります。

活躍の場

弁理士事務所、特許事務所、各企業の弁理士業務、独立開業

受験情報

受験資格 学歴・年齢・国籍等に制限なし
受験科目 短答式筆記試験:特許・実用新案に関する法令、意匠に関する法令、商標に関する法令、工業所有権に関する条約、著作権法及び不正競争防止法
論文式筆記試験:(必須科目)工業所有権に関する法令、特許・実用新案に関する法令、意匠に関する法令、商標に関する法令/選択科目:次に掲げる6科目のうち、受験願書提出時にあらかじめ選択する1科目(1)理工I:機械・応用力学(2)理工II:数学・物理(3)理工III:化学(4)理工IV:生物(5)理工V:情報(6)法律:弁理士の業務に関する法律
口述試験:工業所有権に関する法令(特許・実用新案に関する法令、意匠に関する法令、商標に関する法令)
受験料 12,000円(特許印紙にて納付)
申込方法 郵送のみ(郵便局窓口にて簡易書留扱いにして郵送してください)
試験方法・取得方法 短答式筆記試験:5肢択一のマークシート方式、論文式筆記試験:論文方式、口述試験:面接方式

問い合わせ

弁理士
(国家資格)
特許庁総務部秘書課弁理士室試験第一班
東京都千代田区霞が関3丁目4番3号
03-3581-1101
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「弁理士」の紹介
資格カタログでは「弁理士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「弁理士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「弁理士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ