資格カタログ

Word文書処理技能認定試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

Wordによるビジネス文書作成能力を身につける

 Word文書処理技能認定試験とは、Microsoft Wordの機能を活用して、ビジネス社会で要求される文書処理を行う技能を認定する、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の試験です。基礎的な実務知識が問われる知識問題と、Wordの操作能力が試される実技試験からなり、1~3級までの3段階あります。

 3級は簡単なビジネス文書の作成、ビジネス帳票などに関する基本的な知識が、2級は通常のビジネス文書の作成能力などが問われ、1級は仕事の内容に即した高度なビジネス文書の作成のほか、表計算、ビジネス帳票などに関して高度な実務知識が求められます。またExcelワークシートの貼付けなども出題されるため、Wordだけでなく、Excelなど関連ソフトについて学習しておくことも必要です。

 パソコンを活用している職場では、ワープロソフトの操作技能は業務の効率化に直結します。この資格を取得しておくと、社会に出る際に評価される機会も多いと考えられます。

活躍の場

様々な業種・職種で必要とされるワープロソフトの操作スキルの証明として有効

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし
受験科目 知識試験(1・2級のみ):文書処理、およびMicrosoft Wordに関する知識
実技試験:Microsoft Wordの操作によるdocxファイル、dotxファイル(1級のみ)の作成、編集
受験料 1級7,900円、2級6,800円、3級5,800円
※税込
申込方法 各試験会場に直接申込み
試験方法・取得方法 知識試験(1・2級のみ):コンピュータに表示される多肢選択式の試験問題に解答
実技試験:コンピュータに表示される仕様や指示に基づきドキュメントを作成

問い合わせ

Word文書処理技能認定試験
(民間資格)
サーティファイ認定試験事務局
東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
0120-031-749
http://sikaku.gr.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

ビジネス系の資格

資格カタログ 「Word文書処理技能認定試験」の紹介
資格カタログでは「Word文書処理技能認定試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「Word文書処理技能認定試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「Word文書処理技能認定試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ