資格カタログ

事業用操縦士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

空を飛ぶ憧れの仕事

 操縦士は、国土交通省管轄の国家資格で、この資格がないと空を飛ぶことはできません。用途や航空機の種類により受けるべき試験・必要な資格が変わってきます。事業用操縦士は、報酬目的で航空機を操縦するための資格です。また飛行機・回転翼航空機(ヘリコプター)・飛行船・上級滑空機(グライダー)・動力滑空機(モーターグライダー)の種類別の試験となっています。

 受験資格には目指す資格ごとに一定の年齢と飛行経歴が定められています。事業用操縦士において、飛行機の場合は18歳以上、総飛行時間200時間以上、回転翼航空機の場合は18歳以上総飛行時間150時間以上とされています。

 パイロットは常に健康に気をつけなければならないため、1年に1回身体検査を受け、航空身体検査証明の交付をしてもらいます。航空業務を行う場合は技能証明書とこの航空身体検査証明書の両方を保持しなければなりません。

活躍の場

官公庁、航空業界(ヘリコプターの運行会社など)

受験情報

受験資格 飛行機:18才以上。総飛行時間200時間以上。(1)100時間以上の機長としての飛行(2)出発地点から540km以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む20時間以上の機長としての野外飛行(3)機長としての5回以上の離陸及び着陸を含む5時間以上の夜間の飛行(4)10時間以上の計器飛行/回転翼航空機:18才以上。総飛行時間150時間以上(1)35時間以上の機長としての飛行(2)出発地点から300km以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む10時間以上の機長としての野外飛行(3)機長としての5回以上の離陸及び着陸を含む5時間以上の夜間の飛行(4)10時間以上の計器飛行(5)オートロテイションによる着陸
受験科目
受験料 5,600円
申込方法 東京または大阪航空局へ受験申請書類を直接提出するか、書留にて郵送
試験方法・取得方法 学科試験/実地試験

問い合わせ

事業用操縦士
(国家資格)
(東京の場合)東京航空局
東京都千代田区九段南1-1-15
03-5275-9321
http://www.mlit.go.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「事業用操縦士」の紹介
資格カタログでは「事業用操縦士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「事業用操縦士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「事業用操縦士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ