資格カタログ

児童指導員任用資格

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

障害児施設などで生活する子どもたちを援助、育成する職種

 児童指導員任用資格とは、児童養護施設や障害児施設などの児童福祉施設に配置されている「児童指導員」を採用する際に、基準として厚生労働省が定めた資格です。資格取得のための認定試験はありませんが、定められた要件を満たす必要があります。
 児童指導員の仕事は、児童福祉施設において0歳~18歳までの児童の成長の援助や、基本的な生活習慣・学習の指導・生活上のアドバイスを行います。子どもたちの心のケアから身の回りの世話まで行うので、健康な身体と精神を持ち、子どもたちへの深い愛情と責任感のある人が求められます。

活躍の場

保育所、乳児院、児童福祉施設、児童養護施設、知的障害児施設等の障害児関連施設、児童自立支援施設

受験情報

受験資格
受験科目
受験料
申込方法
試験方法・取得方法 下記、いずれかに該当すれば有資格者となります
1.大学で福祉・社会・教育・心理学部(学科)を卒業
2.小・中・高のいずれかの教員免許を取得(級・教科不問)
3.厚生労働大臣指定の児童指導員養成学校を卒業
4.児童福祉施設での実務経験者(高卒2年以上、その他3年)

問い合わせ

児童指導員任用資格
(公的資格)
厚生労働省
東京都千代田区霞が関1-2-2
03-5253-1111(代表)
http://www.mhlw.go.jp

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「児童指導員任用資格」の紹介
資格カタログでは「児童指導員任用資格」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「児童指導員任用資格」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「児童指導員任用資格」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ