検索する

資格カタログ

児童指導員任用資格

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

障害児施設などで生活する子どもたちを援助、育成する職種

 児童指導員任用資格は、何らかの事情で親元を離れて暮らす子供を預かる児童養護施設、知的障害や身体に障害を持った子供達のための障害児施設(知的障害児施設、肢体不自由施設、重症心身障害児施設など)で児童の生活指導を行う児童指導員として採用されるために必要な厚生労働省が定めた資格です。

 児童指導員の仕事は、児童福祉施設において、0歳~18歳までの児童の成長を援助するとともに、基本的な生活習慣や学習の指導、生活上のアドバイスなどを行います。児童福祉施設では、直接子供たちを援助する仕事にたずさわる職種の場合、この児童指導員任用資格か保育士資格のいずれかが必須となっているところがほとんどです。

 検定試験のようなものはありませんが、厚生労働省により児童指導員になることができる要件が定められています。大学の学部で、社会福祉学、心理学、教育学もしくは社会学を専修する学科、課程等を修めて卒業した者、小・中・高校などの教諭となる資格を有する者で都道府県知事が適当と認めた者など様々です。詳細につきましては、厚生労働省にお問い合わせください。

活躍の場

児童養護施設、虚弱児施設、母子生活支援施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、盲ろうあ児施設、障害児関係の通園施設、情緒障害児短期治療施設

受験情報

受験資格
受験科目
受験料
申込方法
試験方法・取得方法 次のいずれかで取得できます。大学で、心理学、教育学または社会学を修めて卒業する。 小・中・高の教諭の資格をもっていて、厚生労働大臣か都道府県知事が適当と認定した者。高校卒業後、2年以上児童福祉事業に従事する。3年以上児童福祉事業に従事し、厚生労働大臣か都道府県知事が適当と認定した者。

問い合わせ

児童指導員任用資格
(公的資格)
厚生労働省
東京都千代田区霞が関1-2-2
03-5253-1111(代表)
http://www.mhlw.go.jp

※上記の資格情報は2015年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「児童指導員任用資格」の紹介
資格カタログでは「児童指導員任用資格」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「児童指導員任用資格」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「児童指導員任用資格」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ

おすすめの学校情報
関東
東京福祉大学
文京学院大学