資格カタログ

臨床心理士

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

精神的な健康をサポートする、心のケアを扱った認知度の高い資格

 現代の社会では、様々なストレスや悩みから普段の生活に支障をきたす人々が増えています。そういう人々の話を直接聞き、専門の知識と技術で心の問題を解決に導く手助けをするのが臨床心理士です。積極的にアドバイスするというよりも、聞き役に回り質問を投げかけたり、絵を描かせたり文章を書かせたりすることによって、患者の抱える問題を明確化していくために、さまざまな手法を用います。

 資格を取得するには、この協会の指定を受けた大学院の1種か2種の修士課程を修了し、また修了した種別に応じた実務経験を経て、臨床心理士資格試験に合格する必要があります。

 心のケアを扱った資格はさまざまなものがありますが、文部省の認可を受けている公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定するこの臨床心理士の資格は仕事の幅も広く、人気が高くなっています。

活躍の場

児童相談所、刑務所、学校、病院、公立職業安定所(ハローワーク)など

受験情報

受験資格 次のいずれかに該当する者。(イ)協会が認可する第1種指定大学院(修了後の心理臨床経験不要)を修了し、受験資格取得のための所定条件を充足している者:「新1種指定校」という。(ロ)協会が認可する第1種指定大学院を修了し、修了後1年以上の心理臨床経験を含む受験資格取得のための所定条件を充足している者…「旧1種指定校」という。(ハ)協会が認可する第2種指定大学院を修了し、修了後1年以上の心理臨床経験を含む受験資格取得のための所定条件を充足している者:「新2種指定校」という。(ニ)協会が認可する第2種指定大学院を修了し、修了後2年以上の心理臨床経験を含む受験資格取得のための所定条件を充足している者:「旧2種指定校」という。(ホ)学校教育法に基づく大学院において、臨床心理学又はそれに準ずる心理臨床に関する分野を専攻する専門職学位課程を修了した者:「専門職大学院」という。(ヘ)諸外国で上記(イ)又は(ハ)のいずれかと同等以上の教育歴及び日本国内における2年以上の心理臨床経験を有する者。(ト)医師免許取得者で、取得後2年以上の心理臨床経験を有する者。
受験科目 【筆記試験】心理学の基礎的設問に加えて、臨床心理士の基本業務である4種の内容(臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助・それらの研究調査)に関する基礎的・基本的な専門知識が問われます。臨床心理士に関する倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問も出題されます。
【面接試験】専門知識や技術の習得度を確認するだけでなく、臨床心理士としての基本的な姿勢や態度、専門家として最低限備えておくべき人間関係能力の実際が問われます。
受験料
申込方法 所定の期間内に当協会に申請書類を請求(1セット1,500円)、入手し、受付期間内に手続きを完了してください。
試験方法・取得方法 <一次試験>筆記試験:100題のマークシートによる多肢選択方式試験(2時間30分)・論文記述試験(1時間30分)
<二次試験>口述面接試験(一次試験での多肢選択方式試験の成績が一定の水準に達している人のみ)

問い合わせ

臨床心理士資格試験
(民間資格)
公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会
東京都文京区本郷2-40-14 山崎ビル7階
03-3817-0020
http://fjcbcp.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「臨床心理士」の紹介
資格カタログでは「臨床心理士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「臨床心理士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「臨床心理士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ