お留守番で自己管理能力を育てたい!:10~12歳 | 12才までその他 | 成功する子育てアドバイスQ&A - 学校情報日本の学校
子育てアドバイスQ&A
過去の相談から探す
年齢・テーマから検索
キーワードから検索
 
※複数のキーワードを入力する時はスペースで区切ってください。
ご意見募集中
このサイトのアドバイスや知識に対するご感想、ご意見がございましたらお寄せ下さい。皆様からのご意見は編集などに参考とさせていただきます。
→ご意見はこちら
あなたの住んでいる場所から学校を探せる 公立小学校学区情報
成功する子育てアドバイスQ&A 子育てについての悩みや不安、知りたいことなどをお気軽にご相談ください。
Step1 よく似た悩みを探してみましょう!
12才まで 小学校高学年  6.その他
Q 『お留守番で自己管理能力を育てたい!:10~12歳』
ちょっとしたポイントでしつけ(子ども)がかわる!
1分でわかるアドバイスをご紹介します。
A イラスト 1ミニッツアドバイス!
 その子の資質にあった「手柄」を考えてあげましょう。

 自己管理能力は、自分の事をきちんとさせているだけでは、なかなか育ちません。人の事を思いやり、責任も持ち、そしてそれが達成の喜びに繋がるといったプロセスの中で育ちます。
 そこで親が子どもに留守を任せている間、「親がして欲しい事」ではなく、「その子の得意分野」で何かを任せてみましょう。「何でもできる子になって欲しい」や「苦手分野の克服」等、一度に高望みをしてはいけません。

 たとえば掃除や洗濯等、地味な作業を嫌う子には「サラダを一品作っておく」「電話の用件をきちんとメモにしておく」等、結果のわかりやすい仕事がいいでしょう。
 真面目に物事をこなせる子には、一緒にお勉強等の計画を立て、時間のスケジュール等を本人にさせましょう。
 そしてお母さんは、帰ったら忙しく動き回るのではなく、まずはお子さんの話を聞き、頑張りを褒めてあげましょう。「お母さんがいなくても私はこれだけの事ができる」という自信が、自発的に生活を管理できる力に繋がっていきます。
ページの先頭へ
中学校オススメコンテンツ
私立中学校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾