かんとうがくいん

関東学院大学

(私立大学/神奈川)

資料請求

理工学部 理工学科 ロボティクスコース

機械に命を吹き込み、人間の意識のとおりに動かす。これからの世の中に必要なロボットのあり方を考える、強い技術者を育てる。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
ロボティクスコース
この学部・学科の資料をもらう
 
 
ロボティクスコースの特長
学部・学科・コースについて

日本のConnected Industriesなど、インターネットを最大限に利用してさまざまなモノの状況を検出し、それに応じた高機能・高信頼のモノを効率的に生産して、消費者へ届ける生産体系が進められています。このような現場では、メカトロ・ロボットエンジニアの役割は従来以上に高くなります。ロボティクスコースでは、各種ロボットを教材として学習が進められるよう工夫しており、機械技術をはじめとして電気・電子・情報・通信技術も巧みに使いこなせる自信がつくカリキュラムを編成しています。将来は、グローバルに活躍することができるエンジニアを育成しています。

学べる内容

■機械系専門科目
機械工学の基本と、ロボットの構造・機構・デザインにかかわる知識を身につけます。

■電気・情報系専門科目
電気・電子・情報工学の基本とロボットの制御・人工知能にかかわる知識を身につけます。

独自の教育体制

■一人1台の専用ロボット
1年次秋学期に開始されるフレッシャーズプロジェクトから、二足・四足・六足ロボット/レゴ・マインドストームEV3/TETRIX/マイクロマウス/3D-CAD・プリンタで製作するオリジナルロボット/鉄腕アトム(人工知能ロボット)のいずれかを選んで、自分専用の教材とします。自分専用のロボットを教材とするため、構造や動作の仕組みを調べた後に、組立から制御までを体系的により深く学ぶことができます。

■各種ロボット大会への出場をサポート
自分自身のスキルと知識を試すため、学外で開催される各種ロボット大会に参加することができます。その場合、費用面をはじめとしてさまざまなサポートが受けられます。過去には、アフレル・スプリングカップ、マイクロマウス大会、WRO Japan 2017アドバンスド・ロボティクス・チャレンジなどに出場。他チームロボットの技術をヒントに、自身の技術を向上させるきっかけともなります。

資格について

■目指せる主な資格・免許
●学科コース関連資格
ITパスポート/CAD利用技術者/基本情報技術者
●所定の課程の履修で資格取得
中学校教諭(技術)/高等学校教諭(工業)/司書/司書教諭

卒業後、就職について

■卒業後の主な進路
ロボットエンジニア/メカトロエンジニア/システムエンジニア/電機メーカー/機械メーカー/製造業/運輸業/情報通信サービス業/電力会社/大学院進学 など

■主な就職先(2018年3月卒業生実績)
北海道旅客鉄道(株)(JR北海道)、東京地下鉄(株)(東京メトロ)、相模鉄道(株)、(株)ヨロズ、アネスト岩田(株)、東京計器(株)、(株)オーバル、日本サーモスタット(株)、ストラパック(株)、フジフーズ(株)、日成ビルド工業(株)、(株)熊谷組、(株)関電工、東芝プラントシステム(株)、(株)オーテック、新日本空調(株)、八洲電機(株)、矢崎総業(株)、山九(株)、JR東日本ビルテック(株)、(株)ホンダテクノフォート、三菱自動車エンジニアリング(株)、神奈川県警察本部、足立区役所 など

 
学べる学問
  • 機械工学
  • 航空・船舶工学
  • 自動車工学
  • システム工学
  • 制御工学

 

目指せる職業
  • 地方公務員
  • プログラマ
  • システムエンジニア(SE)
  • 機械設計・技術者
  • CAD設計者
  • ロボット開発技術者
  • 精密機械技術者・研究者
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭

関東学院大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●横浜・金沢八景キャンパス

〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1

TEL.045-786-7019 

ホームページ http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/
E-mail nyushi@kanto-gakuin.ac.jp
ページの先頭へ

関東学院大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで関東学院大学の情報をチェック!