かながわこうか

神奈川工科大学

(私立大学/神奈川県厚木市)

資料請求

願書請求

工学部

創立50周年の実績。力と自信がつく教育を実践。
1年次から4年間の体験型科目で社会に貢献できるエンジニアを育てます。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
工学部
この学部・学科の資料をもらう
 
工学部の学科・コース・専攻一覧
機械工学科
  グローバルエンジニアコース
  クリエイティブエンジニアコース
  航空宇宙学専攻
電気電子情報工学科
  グローバルエンジニアコース
  実践的エンジニアコース
  電気主任技術者コース
応用化学科
  総合化学エンジニアコース
  化学応用コース
臨床工学科
 
工学部の特長
卒業後、就職について

■就職率97.9%の実績(2017年3月卒業生)
就職実績と聞くと、就職率だけを思い浮かべる人も多いと思います。しかし、たとえ就職率が高くても、その企業に就職できて本当によかったと感じている学生が少なかったり、就職した会社を短期間で辞めてしまうOBが多かったりするようでは意味がありません。つまり、真の就職実績とは、就職率だけではなく、学生の就職に対する満足度、OBの離職率、企業からの期待度等を総合的に分析したものでなければなりません。
そして本学はこれらのすべての項目において、確かな実績を残しています。厳しい就職状況の中、2017年3月卒業生の就職率は97.9%でした。進学者を含めた進路決定率は、全国平均を大きく上回っています。不況下においても確たる就職実績を残すことができるのは、本学から巣立った学生たちが社会で通用する実力を備えているからです。

■万全の就職サポートシステム
神奈川工科大学では、就職スタッフや卒業研究指導教員、学科就職委員、キャリアアドバイザーが一丸となって学生の就職をサポートしています。就職情報の入手や就職指導、模擬面接、学生からの相談の対応など、それぞれの部署が連携を取りながらきめ細かいサポートを行っています。

●キャリア就職課スタッフのサポート
就職スタッフには、工科系の単科大学としてはかなり多い7名の就職担当の職員が配属されています。就職支援システムの構築、会社訪問、就職情報の入手、そして学生の面談など、学生一人ひとりの希望を満たす就職の実現に力を入れています。
就職試験時期や履歴書、エントリーシート、面接試験などのアドバイスを受けるため、キャリア就職課に何度も足を運ぶ学生も少なくありません。

●卒業研究指導教員のサポート
学生が自分で選んだ研究室の卒業研究指導教員は、研究指導のみならず、就職に関してのアドバイザーでもあります。卒業研究生(4年生)の就職指導をしてきた経験と個人で持つ会社の情報などが豊富であり、また、学生一人ひとりに接する時間が十分にあるので、学生の個性に合ったアドバイスをすることができます。中には、就職活動をしている学生から毎日活動状況の報告を受け、それに対するアドバイスを続ける教員もいます。

●学科就職委員のサポート
学科ごとに設置されている就職事務室は、教員の就職委員2名と就職関係の職員1名が担当しています。各企業の求人情報、キャリア就職課で入手した情報などは、タイムリーに各学科の就職事務室に提供され、学生の就職支援に活用されています。 事務室は各学科の研究室棟にあるので、卒業研究生(4年生)が気軽に立ち寄ることができます。

●キャリアアドバイザーのサポート
キャリアアドバイザー制度とは、本学の卒業生が多く就職する業界で活躍された方をアドバイザーに迎え、業界の理解、職種の理解を深め、自分の適性に合った就職を実現してもらおうと設置された制度です。現在5名のアドバイザーが、豊富な経験に今後の状況分析を加えたアドバイスを行っています。自己分析と業界、職種の理解があってこそ、自己実現を可能にする就職ができます。最近は1・2年次からキャリアアドバイザー室を訪ねる学生が増えています。

学部・学科・コースについて

●機械工学科
<グローバルエンジニアコース(国際機械工学プログラム)>
日本技術者教育認定機構(JABEE)によって、国際水準の工学教育プログラムとしての認定を受けたコースです。国内および国際水準の機械工学のエッセンスを身につけるカリキュラムを編成し、修了者には国際水準の教育を修めた機械エンジニアであることを証明する「修習技術者」の資格が与えられ、技術士の第1次試験が免除されます。

<クリエイティブエンジニアコース(創造機械工学プログラム)>
『機械製図』や『創造設計』などの体験型科目を通して、コンピュータを活用した機械設計のセンスと、創造的なデザイン能力を身につけます。体験型科目と併せ、機械工学の主要分野を網羅する幅広い科目を自由に組み合わせて学ぶことで、応用力のある機械エンジニアを育てます。

<航空宇宙学専攻>
先進的な複合技術からなる航空宇宙分野の技術を機械工学の基礎をもとに実践応用する知識を身につけます。またこの分野は国際協力をしながら「ものつくり」をするために、英語力を身につけ幅広い体験を会得した技術者を育てます。航空機操縦の資格取得や体験をするための科目群も用意し、広範な航空宇宙関係の知識が得られます。

●電気電子情報工学科
<グローバルエンジニアコース>
電気電子情報工学に関する基礎をしっかりと学ぶことで、より豊かな応用力を身につけるコースです。日本技術者教育認定機構(JABEE)が定める国際基準に沿った教育プログラムを採用しているため、修了生には「修習技術者」の資格が与えられ、国家資格である「技術士」の第1次試験が免除されます。

<実践的エンジニアコース>
電気電子情報工学の広い分野で、社会や産業が注目する環境・エネルギー技術やモバイル・ユビキタス技術を中心に、設計、製作を中心とするオブジェクト実験などを柱に各自の得意分野を伸ばし、産業界で実践的に活躍するエンジニアを養成するコースです。必修科目を必要最小限に設定し、学びたい分野の関連科目の選択の自由を高めたカリキュラム構成になっています。

<電気主任技術者コース>
インテリジェントビルから住宅、工場などのプラントに係る電気設備関連の技術の習得と関連資格の取得を目標としたコースです。電気電子工学の基礎をもとに、電気工事や電気施工管理などの分野の理論、法規、実技の指導を受けられるなどのサポート体制が充実しています。電気工事業の後継者を目指す方に最適なコースです。

●応用化学科
<総合化学エンジニアコース>
日本技術者教育認定機構(JABEE)認定のプログラムで、化学応用コースとは授業科目が異なります。いずれかの専門プロジェクトを学び高度な専門性を身につけます。卒業生は国家資格「修習技術者」として認められます。

<化学応用コース>
化学の基礎を理解しつつ、専門プロジェクトにこだわらず科目を 選択できるコースで、自分の興味に応じて化学全般を学ぶことも、特定分野を専門的に学ぶことも可能です。より幅広い視野で進路を探りたいという方に適しています。

●臨床工学科
現代の医療現場で使用する検査機器、診断機器、治療機器、医療情報システムなどは、情報技術(ICT)なしには実現されません。情報学部を有する本学は、このような高度化する情報技術の基礎を理解し、適用できる能力をより効果的に養成する環境が整っています。

学べる内容

●機械工学科
機械工学は、ロケット、飛行機、電車、自動車など、私たちの社会を支える機械および機械システムを開発、設計、生産、利用するための中心的な役割を担う学問です。
科学技術の発達に伴い、機械工学はより高度に、より専門化する方向に進化を続けており、その重要性は将来にわたってますます大きくなるでしょう。
本学科はJABEE認定コースを設置する信頼性の高い教育プログラムによって、豊かな創造性と探究心にあふれ、国際的な競争の場でも活躍できる機械エンジニアを2つのコース(グローバルエンジニアコース、クリエイティブエンジニアコース)と1つの専修(航空宇宙学専攻)で育てます。

●電気電子情報工学科
電気電子技術の応用範囲は、パソコン、携帯電話、ICカードなど、現在の産業技術の最先端におよんでいます。さらに例をあげれば、環境にやさしいクリーンエネルギーや省エネルギー技術を実現するには電気電子情報の技術が不可欠です。
本学科では、ものづくりの感動体験を通して学ぶことからスタートして、理論・技術の基礎を身につけ、すべての産業で活躍できるエンジニアを育てます。

●応用化学科
化学は、原子や分子の世界に分け入り、物質の構造や性質を解き明かす学問です。そして近年、化学の可能性は環境浄化や機能性材料、医療品開発などさまざまな分野に広がっています。
本学科は、“自ら考え、自ら実践できる人間”を育成することをめざした教育により、化学の諸分野における幅広い知識と応用力を持ち、さまざまな分野で活躍できる化学技術者を育てます。

●臨床工学科
今日の高度な医療機器を適切に運用、操作するためには、医療に関する専門知識や技術のみならず、工学的専門知識や思考法をしっかりと身につけていることが強く求められています。
高度化、疾病の多様化・複雑化、医療技術の高度化などに伴い、さまざまな事例に適切に対応できる人材の育成は急務となっています。
臨床工学科では、社会の要請に基づき、確かな技術を医療で活用できる臨床工学技士の養成をめざします。

独自の教育体制

●基礎教育支援
高校までの勉強に不安がある、そんなあなたのために、神奈川工科大学では「基礎教育支援センター」を開設しています。センターでは、高校で習う「数学」「物理」「化学」「英語」「電気回路」の5教科をベテランチューターが個別指導しています。

●資格取得支援
ITエクステンションセンターにて、資格取得のための支援講座を開講しています。受講に際しては、大学が経済的アシストを行い、学部学科の勉強に加え、資格取得を含めたスキルアップをめざす学生をサポートします。

 
インタビュー
遠藤 純太さん

卒業生 遠藤 純太さん(鹿島建設株式会社/2016年3月卒業)

建物建設はダイナミックなものづくり。将来、大きなプロジェクトに携わりたい

小学生から始めた野球を大学でも続けたいと思い、理工系の大学を探していたところ、父の友人で神奈川工科大学野球部の前監督だった方から、「硬式野球部は1部リーグで就職率もいい」と勧められ受験。入試成績が良かったのでスカラシップ制度が適用され、その後も基準の成績を収めたため4年間給費を受けることができました。
鹿島建設に就職した野球部の先輩から話を聞き、大学内の建設工事の様子も見ていたこともあり、自分の携わった仕事が目に見える建設物として残る職業に魅力を感じて挑戦。建築設備系で内定しました。面接では勉強も部活動も精一杯努力し、両立できた点をアピールしました。

海野 雄太さん

卒業生 海野 雄太さん(中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社/2016年3月卒業)

さまざまな実験に臨んだ経験から社会人としてのベースを修得できた

幼い頃は、体を使って人の役に立つ消防士やレスキュー隊員になる夢がありました。大学受験では数学が得意だったことと、将来性が高いことから電気電子分野を選び、高校の先生に勧められたこともあって神奈川工科大学へ進学しました。
3年次の夏、高速道路の維持管理をしている中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京で2週間のインターンシップに参加。「日本の道路を良くする」という目標に向かって社員の方が団結し、真剣に仕事をしている姿に感銘を受けました。日本や世界の経済、そして私達の生活を支えている高速道路で働けることは誇りであり、今からとても楽しみで仕方がありません。

嶋佐 泰希さん

卒業生 嶋佐 泰希さん(日本瓦斯株式会社/2016年3月卒業)

持ち前の人間力で信頼を深め、会社をリードできる人材になりたい

高校生の時に東日本大震災があり、計画停電で電気が止まる生活を経験し、インフラの重要性を身をもって実感しました。そして、3年次に燃料電池のことを学び興味をもち、さらに大学で燃料電池の最先端の勉強がしたいと考え、応用化学科で燃料電池の研究をしていることを知って、進学を決めました。
就職活動は「インフラ」「燃料電池」「人」のキーワードに絞り込み、インフラの中でも学んだことが活かせるガス会社に決めました。会社説明会での印象が良かった日本瓦斯に内定し、嬉しかったです。高校から7年間スーパーでアルバイトをしていたので、コミュニケーション能力があり、人と接することも好きなので、営業職に就いてみたいです。

 
学べる学問
  • 機械工学
  • 電気工学
  • 電子工学
  • 応用化学

 

目指せる職業
  • 機械設計・技術者
  • 工事担任者
  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 電気・電子機器修理技術者

神奈川工科大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030

TEL.046-291-3002  (企画入学課)  FAX.046-291-3003 

ホームページ http://www.kait.jp/
E-mail kikaku@kait.jp
ページの先頭へ

神奈川工科大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで神奈川工科大学の情報をチェック!