検索する
けいせんじょがくえん

恵泉女学園大学

(私立大学/東京都多摩市)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

メイン写真

「生涯就業力」を磨く。

恵泉女学園大学の3つの特長

3つの特長1

「生涯就業力」を磨く。

3つの特長2

教育の3つの礎 聖書・国際・園芸

3つの特長3

花と緑に囲まれた美しいキャンパス

何があってもどこにあっても、しなやかに、強か(したたか)に“ あなたらしく生きる力”を磨きましょう。女性の人生は長く、変化に富んでいます。大切なことは、生涯にわたって自分らしく生き続ける「生涯就業力」を身に付けることです。恵泉は「生涯就業力」を磨くためのカリキュラムが豊富にあります。

恵泉女学園大学の 学科・コース

人文学部(4年)
日本語日本文化学科[※2年次秋学期より全学科の学生が所属学科の2コースに加えて多文化オープンコースの3コース、合計5コースより学びたい1コースを選択可/以下*つきのコース全て同様](4年)
  ●日本語・日本語教育コース
  ●日本文学・文化コース
  ●歴史・文化コース(多文化オープンコース)*
  ●メディア・社会コース(多文化オープンコース)*
  ●地域貢献コース(多文化オープンコース)*
  ●英語教育コース
  ●英語文化コース
  ●歴史・文化コース(多文化オープンコース)*
  ●メディア・社会コース(多文化オープンコース)*
  ●地域貢献コース(多文化オープンコース)*
人間社会学部(4年)
  ●国際関係コース
  ●地域研究コース
  ●歴史・文化コース(多文化オープンコース)*
  ●メディア・社会コース(多文化オープンコース)*
  ●地域貢献コース(多文化オープンコース)*
  ●園芸文化コース
  ●心理コース
  ●歴史・文化コース(多文化オープンコース)*
  ●メディア・社会コース(多文化オープンコース)*
  ●地域貢献コース(多文化オープンコース)*

上記は、2018年4月入学者対象のものです。

恵泉女学園大学の 学費のこと

■2018年初年度納入金(参考)
入学時納付金  675,000円
1年次納入金
  (春学期) 122,000円
  (秋学期) 496,000円
【合計金額】 1,293,000円

恵泉女学園大学の 学ぶこと

●広く深く学べる独自のカリキュラム
本学では2年次秋学期より、全ての学生が所属する学科の2コースに加え、多文化オープンコースの3コース、合計5コースより自分の学びたい1コースを選択。学科の垣根を超えた、広く深く学べる独自のカリキュラムです。

●学びの特長
「聖書」「国際」「園芸」の三つの礎を教育理念とし、人間の基本的なあり方を学び、広い視野をもつ自立した女性の育成、個性豊かでいのちを光り輝かす人間教育を行っています。また、新しい時代に求められる人材の育成に積極的に取り組み、高い評価を受ける教育プログラムが多数あります。

●体験学習プログラムが豊富
実体験を通じて活きた知識を身につけます。体験学習は学びを深めるだけでなく新たな発見や驚きが人間としての成長を促します。

●自由な科目選択
恵泉で開講されているほとんどの科目が、学部・学科を越えて自由に履修できます。幅広い選択肢の中から自分の興味・関心に合わせて学ぶことができます(124単位中28単位まで)。

●少人数教育で学べます
10人の学生に対して1人の教員が担当するアドバイザー制度。授業は少人数で行っており、受講生の顔がしっかり見える雰囲気の中で学べます。

●学生と教員の距離が近い環境
「恵泉女学園大学は学生と教員の距離が近い」大学です。1年次から4年次までのゼミナールとアドバイザー制度が連動し、この環境を実現しています。

恵泉女学園大学の 本学の特長

本学の教育方針

「生涯就業力」を磨く。
何があってもどこにあっても、しなやかに、強か(したたか)に“ あなたらしく生きる力”を磨きましょう。
女性活躍の時代を迎えました。女性が大学での学びを社会に活かせる時代の到来です。そのためにはまず就職です。でも、女性の人生は長く、変化に富んでいます。資格や経験を積んで、働く場を変えることもあるでしょう。子育てや介護で人生設計を変えることもあるでしょう。大切なことは、常に自分らしく生きる希望を持ち、そのための努力を惜しまないことです。経済的自立も欠かせません。生涯にわたって、身近な大切な人のために、そして、地域・社会のために尽くし、自分らしく生き続ける力=「生涯就業力」が必要です。恵泉は女子大学の特性を活かして、女性の皆さんが「生涯就業力」を磨くためのカリキュラムを豊富に用意してあります。全教職員が心をこめて「あなたの未来と徹底して向き合います。

恵泉女学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒206-8586 東京都多摩市南野2-10-1

TEL.042-376-8217  (入試広報室)  FAX.042-376-8604 

ホームページ http://www.keisen.ac.jp
E-mail nyushi@keisen.ac.jp
ページの先頭へ

恵泉女学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで恵泉女学園大学の情報をチェック!