けいせんじょがくえん

恵泉女学園大学

(私立大学/東京都多摩市)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

人文学部 日本語日本文化学科
※2年次秋学期より全学科の学生が所属学科の2コースに加えて多文化オープンコースの3コース、合計5コースより学びたい1コースを選択可/以下*つきのコース全て同様

「生涯就業力」を磨く。
日本語や日本文化について豊かな教養と深い専門性を同時に身につける。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
日本語日本文化学科
この学部・学科の資料をもらう
 
日本語日本文化学科のコース・専攻一覧
●日本語・日本語教育コース
●日本文学・文化コース
●歴史・文化コース(多文化オープンコース)*
●メディア・社会コース(多文化オープンコース)*
●地域貢献コース(多文化オープンコース)*
 
日本語日本文化学科の特長
目標資格

■取得できる資格
日本語教員(主専攻・副専攻)、子育て支援員、社会福祉主事任用資格

カリキュラム

■1年次:基礎知識と専門知識の基盤をつくる
全学科が受講する「共通基礎科目」「共通教養科目」と人文学部の「専門基礎科目」で、大学での学習に必要な全般的知識を修得。「教養基礎演習」では、勉強の仕方など基礎的なことから学びます。

■2年次:学びたい分野に照準を合わせ専門的な学びを展開
2年次からは「専門ゼミ科目」が開始。学びたい内容に応じて少人数のゼミに分かれ、専門的な学びを展開します。

■3年次:専門分野を深めより高度な学びを構築
ゼミと講義を連動させ、専門分野の学びを総合的に理解していきます。3年次からは「専門応用科目」がスタート。より高度な内容の講義を展開し、専門的な力を養います。

■4年次:4年間の研究の集大成卒業論文を作成
4年次は卒業論文に取り組みます。ゼミで指導を受けながら、研究の成果を形にします。同時に日本語教育実習など、将来を見据えた学びも展開します。

卒業後の進路

国内外の日本語学校の教員、公務員、エディター・ライター、金融・保険・情報などの一般企業、大学院進学 など

学べる内容

●日本語・日本語教育コース
<言語としての特性を深く理解し日本語のエキスパートになる>
日本語ならではの構造や文法、語彙や文字、話し言葉、書き言葉など、言語としての特性を考察します。歴史的な変容や地域の方言などにも研究の視野を広げ、普段使う言葉の価値を理解します。

●日本文学・文化コース
<世界文学における日本文学を考察し言語表現に関する教養を身につける>
古典から近現代まで日本の文学作品を、各時代の世情や文化も視野に入れ読み解きます。また、世界の文学における日本文学の位置づけを理解し、言語表現の研究を通して文化に対する教養を深めます。

【多文化オープンコース】
●歴史・文化コース
日本の歴史や文化をアジアや西洋、さらには世界という国際的な視野でとらえ、日本文化の特性を考察します。

●メディア・社会コース
情報発信における言語表現の機能や位置づけを理解し、日本について考え、社会への多様な視点をなげかけるメディア制作に取り組みます。

●地域貢献コース
言葉や言語表現の教育を子育ての支援に活用することや、文学作品をきっかけに実践的な家族やジェンダーのあり方を考えます。

独自の学習システム

■日本語教員養成課程
恵泉の「日本語教員養成課程」では、日本語についての基礎知識としての日本語概説・日本語文法・日本語学(音声)をはじめ、日本語教授法・日本語教育実習など、実践に即した独自のカリキュラムで、質の高い日本語教員を養成しています。

<主専攻>
主専攻は、日本語日本文化学科学生のみ履修できます。日本語教員養成課程の科目は、学科の必修科目と多くが重なっています。学科での学びを深めながら、日本語教員養成課程を修了することができます。

<副専攻>
副専攻は、全学科の学生が履修できます。それぞれの学科で専門的な学習をしながら、日本語教員養成課程を修了することができます。いろいろなことにチャレンジしたい人が学んでいます。

<「日本語教育能力検定試験」対策講座>
毎年、日本語教育学会認定の「日本語教育能力検定試験」対策講座を実施しています。この試験は合格率が18%という難関なので、合格を目指すためのしっかりとしたサポートを行っています。

<海外日本語教育実習>
韓国・新羅大学校( 日本語教育学科)、韓信大学(日本学科)、タイ・パヤップ大学(日本語学科)などで、2週間の教育実習を実施します。実習生は、「文字」「文法」「読解」「会話」の授業を行うとともに、現地学生との交流を深めます。

その他の特色

■真のグローバル人材を育成するためのGlobal Challenge Programを導入
英語力を駆使して世界の人びとと深く関わりたいと考える学生に向けたプログラムです。多様な活動を通して、英語をコミュニケーション・ツールとして使いこなす能力を段階的に養い、卒業時にはTOEIC(R)テスト800点を目指します。4年間で徹底的に英語力を鍛え、グローバル社会で活躍できる学生を育てます。

 
インタビュー
笹本 綾さん

在学生 笹本 綾さん(日本語日本文化学科 4年)

日本への理解を深め、海外で日本語を教えたい

高校時代、外国人に日本語を教える楽しさを知ったのがきっかけで、日本語教員養成に定評のある恵泉への進学を決めました。少人数制で勉強できるので、自ら積極的に意見を述べ、考え、行動する力が身につき、成長を実感しています。日本文学や日本美術史、日本史について幅広く学べることも魅力です。現在、日本のヴィジュアル・イメージをジェンダーの視点等から研究するゼミで卒業論文を執筆しています。深い教養を身につけ、将来は海外で日本語教員として活躍したいです。

 
学べる学問
  • 日本文学
  • 歴史学
  • 文芸学
  • 日本文化学
  • 語学(日本語)

 

目指せる職業
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • ジャーナリスト
  • 小説家

資格

    ・日本語教員(主専攻・副専攻)

恵泉女学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒206-8586 東京都多摩市南野2-10-1

TEL.042-376-8217  (入試広報室)  FAX.042-376-8604 

ホームページ http://www.keisen.ac.jp
E-mail nyushi@keisen.ac.jp
ページの先頭へ

恵泉女学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで恵泉女学園大学の情報をチェック!