とうきょうぞうけいだいがく

東京造形大学

(私立大学/東京都八王子市)

資料請求

造形学部 美術学科

絵画・彫刻表現をより広くとらえ、学生が自らの個性を発見し、
それを伸ばしていけるような環境を用意しています。

  • ※2018年4月入学者対象のものです。
美術学科
この学部・学科の資料をもらう
 
美術学科のコース・専攻一覧
絵画専攻領域
彫刻専攻領域
 
美術学科の特長
学部・学科・コースについて

美術学科は、2つの専攻領域に分かれており、各自が目指す方向性を見出すために必要となる基礎的な知識や技術の修得の後に、最終的な研究目標へ進む為のカリキュラムが段階的に組まれています。開講する授業科目には専攻領域別の基礎科目、選択科目、研究指標科目、卒業研究の他に、学部共通科目があります。これらの科目を履修することにより、自分の所属する美術学科では学ぶことの出来ないデザイン学科の学びに触れることもできるため、美大生として、より広く横断的な知識と技術を獲得することができます。

学校について

■人材の養成に関する目的
◎造形学部
デザイン及び美術の諸領域における優れた専門的能力と、社会全体を広く視野に入れた総合的能力を有し、新たな時代における造形の思想の展開と実践ができる人材を養成することを目的としています。
◎美術学科
絵画、彫刻の個別領域に関する専門の学術を修得し、新たな時代における造形の思想の展開と実践ができる人材を養成することを目的としています。

入試について

●美術学科の入学試験
[一般方式]
各専攻領域とも、2つの実技試験を課し、その総合点(500点)で合否を判定します。

[センターC方式]絵画専攻領域対象
「平成30年度大学入試センター試験」において本学が指定する教科・科目を受験した者に対し、本学が実施する実技試験を課します。センター試験(2教科2科目:200点)と2つの実技試験(300点)を課し、その合計点(500点)で合否を判定します。

[センターA方式]彫刻専攻領域対象
「平成30年度大学入試センター試験」において本学が指定する教科・科目を受験した者に対し、本学が実施する実技試験を課します。センター試験(2教科2科目:200点)と実技試験1つ(300点)を課し、その合計点(500点)で合否を判定します。

※デザイン学科・美術学科あわせて、2専攻領域まで併願することができます。
※[一般方式][センターA方式][センターC方式]という受験方式の選択により、様々な方法で併願が可能です。

学べる内容

■基礎科目
学生が所属する専攻領域の専門性を学ぶための第一歩となる科目です。専攻領域において必要不可欠な基礎知識・理論・技術等の修得を目的としています。
■選択科目
個々の専攻領域が有する広く多様な内容に関する学習機会を提供します。バラエティに富んだ科目の中から各自の目的意識にしたがって選択できます。
■研究指標科目
本学で学ぶ専門教育の中核となる科目です。段階的かつ複合的な科目履修を通して、専攻領域に応じた高度な表現力・思考力を獲得していくことを目的としています。
■卒業研究
各自の4年間の学習・研究活動の成果を、学生が設定した研究テーマに基づいて教員の指導を受けながら、一つの集大成として発表することを目指します。
■学部共通科目
各自が多様な価値について認識し、幅広い視点から「文化」と「造形」の関係を融合的にとらえて展開することを目的として、以下の科目を開講しています。
人間形成科目:大学で学ぶ上で必要となる語学や自然科学、社会・歴史、人文・芸術、教育等に関する科目
造形基礎科目:造形に関する基礎的な知識と技術を修得するための科目
ハイブリッド科目:異なる専門領域の教員・学生との交流によって行われる専門領域を複合した授業が行われる科目
サステナブルプロジェクト科目:環境問題をはじめとするサステナビリティとデザイン・美術の関係についての認識を深めるための科目

資格について

■取得できる資格
中学校教諭一種(美術)、高等学校教諭一種(美術)、高等学校教諭一種(工芸)、学芸員資格、社会福祉主事、児童指導員、児童厚生員、ガス・アーク溶接技能者

■目標資格
TOEIC

オープンキャンパス

■キャンパス見学
年間を通じて学内見学(キャンパス見学)を受け付けています。本学の受験を考えている方、大学の雰囲気を知りたい方はぜひご来校ください。
◎見学可能な時間
平日(月~金) 9:30~16:30 / 土曜 9:30~12:00
※日曜・祝日および入試期間、夏期・冬期休業中など入構を規制している期間は見学できません。
◎お申し込み
下記ご連絡先まで事前にご連絡ください。
お問合せ先:東京造形大学 進路支援センター TEL:042-637-8716

学費について

■桑沢学園奨学金
◎学業優秀者奨学金
2~4年次に優秀な成績を修めている学生を対象に、20万円を上限として給付しています。(2017年度実績)
◎派遣留学生奨学金
海外派遣留学生を対象に、20万円を上限として給付しています。(2017年度実績)
■東京造形大学奨学金
◎一般奨学生
2年次以上で、経済的事情により学費を納入することが困難で、学業成績、人物共に優秀である学生を対象に、年間授業料を上限とし、給付しています。(2017年度実績:40万円)
◎緊急奨学生
※その他、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体の奨学金、民間団体の奨学金があります。

卒業後、就職について

■スタッフによる進路相談
進路支援センターでは、「自分らしい生き方を見つけること」をモットーとして、学生とのコミュニケーションを重視し、個人個人のニーズに合わせた「個人面談(進路相談)」を行っています。
■進路ガイダンス・就職支援セミナー
各学年及び全学年を対象として開催しています。「キャリア」という観点から、視野を広げて卒業後の進路について考えるためのヒントとなるような、情報を提供しています。
■学内会社説明会
企業の方に本学にお越しいただき、学内にて会社説明会を開催しています。会社の業務内容や採用試験の内容についての説明だけではなく、デザイナーの仕事内容や業界の将来的な見通しや動向などについてお話しいただきます。企業に就職している本学卒業生が来校することも多く、作品相談やポートフォリオ指導等をしていただくこともあり、先輩との交流もできる貴重な場となっています。
■就職対策講座
毎年10月~12月頃、就職活動における重要なポイントである「SPI試験対策」「エントリーシート対策」「面接対策」の講座を開講しています。実際に模擬テストを受験して、添削することにより、自分の苦手な分野を再認識することもできます。毎年多くの方が受講し、実際の就職活動に役立てています。

 
学べる学問
  • 美術
  • 建築学
  • デザイン学

 

目指せる職業
  • アーティスト
  • 画家
  • 彫刻家
  • 版画家
  • イラストレーター
  • 美術教師
  • ゲームデザイナー
  • 編集者
  • モデラー
  • キャラクターデザイナー
  • 造形作家
  • 鋳造家

資格

    中学校教諭一種(美術)、 高等学校教諭一種(美術)、 高等学校教諭一種(工芸)、学芸員資格、社会福祉主事、児童指導員、児童厚生員、ガス・アーク溶接技能者、TOEIC

東京造形大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556  ●進路支援センター

TEL.042-637-8716  FAX.042-637-8731 

ホームページ http://www.zokei.ac.jp/
E-mail admission@zokei.ac.jp
ページの先頭へ

東京造形大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東京造形大学の情報をチェック!