らくのうがくえんだいがく

酪農学園大学

(私立大学/北海道江別市)

資料請求

農食環境学群 環境共生学類(4年)

世界の自然環境をどう守る?
その答えを北海道から探す

  • ※2018年6月現在のものです。
環境共生学類(4年)
この学部・学科の資料をもらう
 
環境共生学類(4年)のコース・専攻一覧
野生動物学コース
生命環境学コース
 
環境共生学類(4年)の特長
学べる内容

■学びのポイント
1.地球環境、社会環境の諸問題を科学的に解明し解決する方法を探る
2.北海道から世界まで様々なフィールドで実習・実験・演習を多く取り入れた実学教育
3.GIS(地理情報システム)、RS(リモートセンシング)を用いた情報解析も学ぶ
4.自然と人が調和・共生する社会の形成に貢献できる人材と育成

■コース紹介
<野生動物学コース>
野生動物の保護と管理について、北海道を中心としたフィールドで生態学をベースに幅広い理論と技術を学びます。

<生命環境学コース>
北海道の森・川・湖・海といった優れた自然資源の保全と利用を題材に、生命圏の物質的・エネルギー的環境に関する理論と技術を学びます。

環境

■北海道の大自然があなたを成長させるキャンパス
◯野生動物保全技術実習:浦幌町
浦幌町にある地元の任意団体「浦幌ヒグマ調査会」などに協力いただき、学生たちはヒグマの暮らす森をコンパスと地図を使って歩き回る技術を学び、森林施業と野生動物の関係についても考えます。

◯野生動物保全技術実習:西興部村
3年次に西興部村において2泊3日の実習を行います。西興部村は面積の約89%が森林で野生動物が多く生息しています。本学はこの村と地域総合交流協定を締結しており、学生たちは人と自然との共生について現場で学ぶことができます。

◯自然環境学実験・実習:洞爺湖町
広大な湖を抱える洞爺湖町と地域総合交流協定を結び、水環境、外来生物、エゾシカを中心に自然環境に関する幅広い調査研究を行っています。また、本学主催の「洞爺湖生物多様性フォーラム」も開催しています。

目標資格

■取得可能資格
・中学校教諭1種(理科)
・高等学校教諭1種(理科)
・食品衛生管理者

■受験資格
・鳥獣管理士 準1級、2級、3級
・シカ捕獲認証レベル1

資格取得指導

■学類でサポートする資格
・気象予報士
・生物分類技能検定
・猟銃所持許可
・船舶免許
・狩猟免許
・ビオトープ管理士
・公害防止管理者

 
インタビュー
吉田 剛司先生

先生 吉田 剛司先生(環境共生学類教授)

野生動物学の教員数は日本最多です

私の専門の野生動物保護管理学は、保護・駆除・共生を通じて生態系の保全を図るものです。この分野で日本は先進国の中で一番遅れていますが、本学の野生動物学コースの教員数は日本で最多。北海道という恵まれたフィールドで実習・研究を重ねており、世界規模でモノが考えられる教育を展開しています。卒業後の活躍の舞台も日本各地、世界に開かれており、生き物を相手に仕事をしたい学生を待っています。

金澤 行宏さん

在学生 金澤 行宏さん(環境共生学類3年)

将来の仕事に直結するフィールドワークで成長を実感

小さい頃よく遊んでいた川で、昔はよく見られた魚たちが年々少なくなっていくことに気付き、危機感を覚えました。それ以来かつてあった環境に少しでも近づけるために、自分にできることは何かを考え、自然豊かな北海道というフィールドで環境問題に力を注いでいる酪農学園大学に入学しました。現在は環境地球化学研究室に所属し、湖や海で発生する富栄養化の問題、その地域における水環境の変化と原因と対策について学んでいます。研究や仲間とのディスカッションで、答えが出ていない問いに向き合うことにより、自分が日々成長して行くのを感じています。

讃井 麗也さん

卒業生 讃井 麗也さん(安井測量設計事務所勤務 2014年卒)

ゼミで学んだGPS、GISの知識を生かし、農地整備に伴う暗渠管の設計をしています

酪農学園大学には日本有数のGIS(地図とIT情報を融合させたシステム)施設があると知り、また環境問題にも関心があったので入学しました。ゼミで学んだGISやGPSの知識を生かすため、現在の会社に就職。主に農地の測量をして、水はけの悪さや養分の偏りをなくすなどのために農地整備に伴う暗渠管の方向や勾配、口径などの設計を担当しています。在学中は教職課程も履修し、人への教え方や接し方などに役立っていると感じます。

 
学べる学問
  • 生物学

 

目指せる職業
  • 環境コンサルタント
  • 環境NPO・NGO法人
  • 衛生サービス業
  • 農業協同組合・森林組合
  • 教育・学習支援業
  • 教員               など

資格

    ・中学校教諭1種(理科)               ・高等学校教諭1種(理科)                ・食品衛生責任者
    ・鳥獣管理士(準1級、2級、3級)          ・シカ捕獲認証レベル1                   など

酪農学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地

TEL.011-388-4158  (フリーダイヤル 0120-771-663入試広報センター広報課直通)  FAX.011-386-4157 

ホームページ http://www.rakuno.ac.jp
E-mail koho@rakuno.ac.jp
ページの先頭へ

酪農学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※WEB出願のため願書の送付はございません。

-

●入学案内
※WEB出願のため願書の送付はございません。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで酪農学園大学の情報をチェック!