さっぽろだいがくじょしたんきだいがくぶ

札幌大学女子短期大学部

(私立短期大学/北海道札幌市豊平区)

資料請求

メイン写真

「なりたい私」になるための2年間の集中プログラム

札幌大学女子短期大学部の3つの特長

3つの特長1

女性専用パウダールームなどの充実した施設

3つの特長2

Sattanの実践型・体験型の学び

3つの特長3

女性のためのキャリアデザイン

キャンパスは約25万平方メートル、札幌ドーム約4個半分の広さ!女性専用パウダールームなど充実の施設が整っています。

札幌大学女子短期大学部の 学科・コース

社会で活躍できる実践力を身につける専門教育で魅力的な社会人に

キャリアデザイン学科(2年)
こども文化学科 ※2019年4月設置認可申請中(2年)

上記は、2018年6月現在のものです。

札幌大学女子短期大学部の 学費のこと

■初年度納入金(2018年度実績)
キャリアデザイン学科:1,090,000円
こども文化学科:1,090,000円 (予定※実習費などは別途)※2019年4月設置計画中
※入学金含む。別途諸費(17,500円)の納入依頼。

■充実の学費サポート制度(2018年度実績)
本学独自の奨学金制度のひとつである生活支援奨学金(学業)は、経済的支援を必要とする方に最大で学期毎の授業料の半額(192,500円)を給付する制度です。この他、成績優秀者奨学金(給付制)や、各種入試制度において、得点上位者、資格取得などの条件を満たした学生への特待生制度があります。

札幌大学女子短期大学部の 学ぶこと

■キャリアデザイン学科
人生を生きるために必要なのは、どんな逆境にもへこたれない“強く、しなやかな力”です。キャリアデザイン学科には、自ら人生を切り拓こうとする皆さんのために、豊かな教養と臨機の実践力をバランス良く身に付ける多彩なカリキュラムがそろいます。

■2019年4月「こども文化学科」が誕生します(設置認可申請中)
札幌大学女子短期大学部では、2019年4月から「こども文化学科」を新設します。
近年、社会の変化とともに、子どもを取り巻く環境やニーズも変わってきています。ますます複雑化・多様化する教育や保育、そして地域社会の要望に応え、未来を担う子どもたちの成長と発達を総合的に支援できる人材の育成を目指します。

・こども文化学科が養成する人材像
女性のキャリアに深くかかわるワークライフバランスの実現に向けて、地域における保育環境の充実に貢献する人材を養成します。
◯地域とともに地域に根ざした保育を行える人材の育成
◯子どもの人格を尊重し、人権を守る保育を行える人材の育成
◯豊かな遊びを創造し、知的好奇心に満ちた子どもを育てる人材の育成
◯言語の仕組みを理解し、ことばの発達を支える保育を行える人材の育成
◯支援が必要な子どもに適切な配慮を行える人材の育成
◯自然や芸術、スポーツに親しむ子どもを育てる人材の育成

札幌大学女子短期大学部の キャンパスのこと

■キャンパス内に保育園を設置!(2018年春開園予定)
キャンパス内に、地域の子どもたちを受け入れる「めぇ~ず保育園」を設置予定。実際の保育現場を見聞きしたり、日常的に子どもとふれ合いながら、実践的に日々の学びを深めます。

札幌大学女子短期大学部の所在地/問い合わせ先

所在地
〒062-8520 北海道札幌市豊平区西岡3条7-3-1

TEL.0120-15-3201  (フリーダイヤル)  TEL.011-852-9153(入学センターダイヤルイン)

ホームページ http://www.tandai.sapporo-u.ac.jp
E-mail nyushi@ofc.sapporo-u.ac.jp
ページの先頭へ

札幌大学女子短期大学部の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※「こども文化学科」の願書は2018年9月発行予定

-

●入学案内
※「こども文化学科」の願書は2018年9月発行予定

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで札幌大学女子短期大学部の情報をチェック!