とうきょういんたーなしょなるすくーる しゅくがわきんだーがーてん

東京インターナショナルスクール 夙川キンダーガーテン

自分自身と社会に責任を持ち、自信を持って、英語で自分を表現できる人を育むという理念に基づく、「英語で学ぶ」幼児園です。

  • パンフを取り寄せ
    • 口コミ( 0件

    スマホで

    東京インターナショナルスクール 夙川キンダーガーテン

    探究型カリキュラムの特徴

    私たちのカリキュラムには、教科書がありません。教科書に書いてある知識を暗記しても、グローバル・スキルは身につかないからです。子どもたちは発達段階に応じて設定されたテーマについて、教師の問いかけに導かれながら答えを探していきます。そのプロセスがグローバル・スキルの育成につながるのです。
    ■年少(3歳児)英語の土台づくり
    すべての会話を英語で行い、遊びやワークショップを通じて英語での自然なコミュニケーション力を身につけます。
    ■年中(4歳児)探究力の育成
    学期ごとのテーマについて本質的な問いを投げかけ、子どもたちはその考えを探す過程で創造的な能力、論理的な考え方、決断力を身につけます。
    ■年長(5歳児)主体的な人間づくり
    新しいテーマや自分の好きなことに対して自ら積極的に探究します。
    ※当スクールは認可外保育施設のため上記、非課税となります。

    こんなスクール

    苦楽園口近くに立地する「英語で学ぶ幼児園」です。
    日本の幼稚園同様に、4月入園3月卒園の3学期制。年少、年中、年長の3学年で、確実な英語力とグローバルスキルの獲得を目指します。

    授業は英語が母国語のネイティブの教師により行われ、「探究型カリキュラム」と英語を母国語としない子どもたちへの英語指導カリキュラムとを組み合わせた独自のカリキュラムを採用。私たちは長年の英語教育の経験から、英語での確実なコミュニケーションの獲得には2,000時間必要であると考えていますが、私達の幼児園では1日5時間、週5日でその目標は2年間で達成できます。
    英語のスキルだけでなく、自信、思いやりの気持ち、独立した考え方、自己表現力、偏見のない広い心や探究心を育て、子どもたちを世界で活躍できるグローバル人材へと育てる基礎をつくります。

    入学特典・キャンペーン

    2歳児(年少の1つ下の学年)の Toddlerコースへ1学期中にご入学された方は、次年度の東京インターナショナルスクール夙川キンダーガーテンの選考先行受付の対象となります。

    応援メッセージ

    幼児期は、音を聞き分ける聴覚と、聞いた音をそのまま発音する喉と舌の筋肉が形成される大切な時期です。個人差はありますが、思春期を超えると聴覚が完成してしまい、それまで聞いたことのない音を聞き分けたり、発音したりすることが難しくなります。
    英語には日本語にない特有の音がありますが、幼児期から英語に一定時間以上触れていれば、その英語特有の音を聞き分け、正しく発音できる喉と舌の筋肉を形成することができるのです。そして幼児期に形成された聴覚と発音する力は一生失われることがないため、子どもたちにとって大きな財産になります。

    そういった財産を手に入れるために必要な時間の目安は、2,000時間です。義務教育前の幼児期は自由な学びを選べますから、「英語で」学ぶことを選択することで、無理なく2,000時間を達成できてしまいます。これらが幼児期から英語を学ぶメリットです。

    しかし、英語のスキルだけではグローバル時代を生きていく子どもたちの準備として十分ではありません。英語での確実なコミュニケーション能力のみならず、自信、思いやりの気持ち、独立した考え方、自己表現力、偏見のない広い心や探究心を育てることを目的としたカリキュラムで、子どもたちを世界で活躍できるグローバル人材へと育てる基礎をつくります。

    教室一覧・コース

    1件中 11件を表示

    • 1
    教室・コース名 資料請求
    夙川キンダーガーテン パンフを請求する

    1件中 11件を表示

    • 1