善きことをした高校2年生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

沼津・千本浜公園の松の樹勢回復調査続けて6年 市が感謝状

 

静岡県 田方農業高校 造景部のみなさん

new
 

文化祭の収益金で特養に車いす贈る 貢献始めて18年

 

徳島県 阿南光高校 生徒のみなさん

new
 

感染予防に 手製の足踏み式消毒液スタンド無償で提供

 

広島県 福山工業高校 機械科の生徒のみなさん

new
 

地元商店街に木製長椅子贈る 20年続く地域貢献活動

 

福岡県 田川科学技術高校 システム科学技術科の生徒のみなさん

new
 

地元開催のマラソン大会で走者に寄り添い、応援

 

徳島県 海部高校 生徒のみなさん

静岡県 田方農業高校 造景部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

静岡県 田方農業高校 造景部のみなさん1
静岡県立田方農業高校の造景部は、自校の樹木や生垣等の剪定管理や同窓会会館の庭園整備を行い、休日を利用した地域貢献ボランティア活動を行う。

活動内容で評価や注目を集めているのが、学校や公園、街路樹、松原等の樹木の樹勢回復処置である。樹木の健全度の向上をさせるためには、根の健全度や根圏の状態を改善する必要がある。

10年以上続く研究成果としては、地元、田方郡函南町の街区公園、さくら公園のソメイヨシノの樹勢回復処置を行う。根系の回りの礫などを取り除き、深さ1.5mの割竹縦穴式挿入法において、地下の通気透水性の改善を行い、割竹の回りに牛糞たい肥等を入れる。

サクラの樹勢回復につながった。さらに、同県、駿東郡清水町の旧東海道の松並木の樹勢回復では、世界遺産、三保の松原に先駆けて、木炭や外生菌根菌をマツ根に接種を試みた。

結果、樹勢回復が確認された。

2014年からは、沼津市を代表する景勝地、千本浜海岸林のマツ林、約1ヘクタール100本の衰退度調査や樹勢回復処置を行う。樹木診断様式(日本緑化センター編)を用い、衰退度調査を実施。生育不良の樹木が多いことに気がつく。沼津市緑地公園課に許可申請を行い、樹勢回復処置を実施した。土中を掘ると、クラベル層が約40cmから5cmあった。これでは、根系発達障害になり、地上部の生長を悪くさせる。マツの回りを地下1.5m掘り下げ、土壌改良処置を行う。クラベル層の除去と割竹縦穴式挿入法の実施や、本校の植物工学室で培養している外生菌根菌を5種類根に接種を行い、木炭の施用を行った。

2019年10月一部のマツから外生菌根菌の子実体が発生した。菌根菌と樹木の根が共生をはじめた。菌根菌は、根が進入できない所まで菌糸を伸長させ、水分やチッ素、リン酸、カリウム等の栄養素を共生している樹木に供給する。

本年3月に同部の6年間に及ぶ、マツ林の樹勢回復処置が評価され、沼津市から感謝状が贈られた。

全国的に白砂青松の松原の樹勢衰退度が懸念されており、同部のマツ根の外生菌根菌の接種においては、一年後に世界遺産の三保の松原の樹勢回復処置でも行われた。部員達は、東日本大震災の教訓から、津波に強いマツ林の形成を目指した。また、「私たちの活動が健全なマツ林の形成のモデルケースになればうれしい」、「今後とも地域貢献を目的とした樹勢回復処置の研究を進めたい」と話していた。
(2020年5月掲載)
静岡県 田方農業高校 造景部のみなさん2静岡県 田方農業高校 造景部のみなさん3静岡県 田方農業高校 造景部のみなさん4
ページの先頭へ

徳島県 阿南光高校 生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

徳島県 阿南光高校 生徒のみなさん1
徳島県の阿南工業高等学校と新野高等学校が統合し、2018年4月に開校した県立阿南光高等学校。生徒たちは、両校の特色や伝統をしっかりと受け継いでおり、中でも注力しているのが、学びの成果を生かした地域貢献活動だ。

そのひとつが2017年にスタートした『あこうバンブーミクス』。放置竹林を有効活用する取り組みで、これまで震度5強以上の揺れを感知、または倒れると自動点灯する竹製懐中電灯「ぽてっとライト」や、震度5強以上の縦揺れで自動点灯する竹製防災用ライト「ぷるっとライト」の他、避難所のトイレ問題を解決するため、消臭効果がある竹の粉末で水や電気を使わず排せつ物の分解を促すバイオトイレ「ぶりフリー」を開発。阿南市の伊島や出羽島の全世帯に「ぽてっとライト」の無料配布や、近隣の中学校で「ぷるっとライト」の出前授業などを行っている。

また2003年からは、特別養護老人ホームの「阿南荘」と「琴江荘」の2施設に1年置きで車いすなどをプレゼントしている。今年は「阿南荘」へ車いす2台に「ぽてっとライト」と「ぷるっとライト」を贈った。車いすは昨年11月の文化祭の収益金を活用した。3月の贈呈式には、新型コロナウイルス拡大を受け、生徒代理として同校の教員が阿南荘を訪問。同荘の施設長に目録を手渡した。同荘からは「いつもありがとう」の感謝の言葉と共に、「掃除の時などに使って」と利用者が縫った雑巾が贈られた
(2020年5月掲載)
徳島県 阿南光高校 生徒のみなさん2徳島県 阿南光高校 生徒のみなさん3
ページの先頭へ

広島県 福山工業高校 機械科の生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

広島県 福山工業高校 機械科の生徒のみなさん1
地域における奉仕活動、ボランティア活動を通して社会貢献活動を進める広島県立福山工業高等学校。同校周辺のごみを回収する全校清掃活動や、地域のイベントでのボランティア活動など、生徒を主体に多彩な活動を実践している。

今年春、機械科の生徒たちが、新型コロナウイルス感染予防に使ってもらおうと、鉄製の「足踏み式アルコール消毒液スタンド」の無償提供を始めた。

( http://www.fukuyama-th.hiroshima-c.ed.jp/kikai001.html )

スタンドは、同科の教諭が数年前に考え、2018年度に当時の2年生が製作した。卓上式の手で押すタイプと違い、足でペダルを踏めば消毒液が出るため、手から手への感染予防に有効という。

今回提供出来るのは10個で、生徒たちは、学校や公共施設、福祉施設などに贈ることにしている。製作したスタンドは高さが約1メートルあるが、送り先の要望に合わせて調整するという。

また、小児向けの木製ペンギン型消毒液スタンドも用意している。昨年度の3年生が作成したもので、現在は1点しかないため、幼稚園や保育園、児童館など、設置要請があれば製作すると話している。

「質実剛健」を校訓とする福山工業高校。真面目にたくましく、新型コロナウイルス感染防止に少しでも力になりたいという、同校生徒らしい地域貢献活動といえるだろう。
(2020年4月掲載)
広島県 福山工業高校 機械科の生徒のみなさん2
ページの先頭へ

福岡県 田川科学技術高校 システム科学技術科の生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

福岡県 田川科学技術高校 システム科学技術科の生徒のみなさん1
2005年、田川工業高校と田川商業高校、田川農林高校を統合し、開校した福岡県立田川科学技術高校。3校の歴史と伝統を受け継ぎ「地域・社会に貢献する産業人の育成」を目標とした教育を推進している。生徒も、地域に愛される学校づくりを目指し、学校全体でのボランティア活動を実践。普段の学びを生かした「親と子のものづくり教室」などは、その一例だ。

今年2月には、システム科学技術科の1、2、3年生約120人が、自分たちが製作した3人掛けの木製長椅子5台を、田川市の後藤寺商店街に寄贈した。田川工業高校時代から20年以上続く活動で、これまで田川市内を中心に、福祉施設や図書館、学校、道の駅、商店街などにテーブルやベンチ、ツリーハウス、門松などを贈ってきた。

今回も、1年生はのみと金づちで、角の削りや脚の部分の加工を、2年生は塗装、3年生は組立てと作業を分担して製作を進めた。

寄贈日には生徒代表と教員が訪問し、商店街のアーケードに長椅子5台を設置した。「ものづくりで人に役に立ちたい」という3年生は「長く使えるよう、しっかり組立てた」「多くの人に利用してほしい」と話す。高校生が気持ちを込めて手づくりした長椅子に、商店街関係者は「大事に使わせてもらいます」と感謝していた。
(2020年4月掲載)
福岡県 田川科学技術高校 システム科学技術科の生徒のみなさん2
ページの先頭へ

徳島県 海部高校 生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

徳島県 海部高校 生徒のみなさん1
徳島県立海部高校では、生徒による地域貢献活動に力を入れている。毎年2月に開催される「海部川風流(ふる)マラソン」でのボランティア活動もそのひとつだ。

地元海陽町を流れる究極の清流、海部川沿いを走る同大会には、全国から多くのランナーが参加する。そのランナーたちを応援し、地元との絆が深まるようサポートしているのが同校の生徒たちだ。

郷土芸能部の生徒たちは海南太鼓のメンバーと、スタートから4㎞地点にある町の郷土会館前で沿道応援太鼓を披露。雨の大会となった今年も、力強い演奏で1725人のランナーを鼓舞した。

運動部を中心とした生徒たちは、ボランティアスタッフとして大会運営がスムーズに運ぶよう、さまざまな活動を行っている。

同大会は午前9時スタートで午後3時までにゴールしなくてはならない。ここで、毎年参加者や観客に感動を与えているのが、制限時間後もゴールを目指すランナーに「がんばって!」と伴走する生徒の姿だ。ゴール前は「地獄の上り坂」と呼ばれる坂道で、懸命に駆け上がるランナーを励まし、一緒に走り出す。ゴールインさせるとすぐに戻り、最後のランナーがゴールするまで何度もこの坂道を往復する。生徒と手をつないでゴールインしたランナーは「生徒たちの励ましが最後の力になった、完走出来て良かった」と満足そう。

生徒たちは、「ランナーの方々の少しでも力になれたのならうれしい」「来年も参加したい」と話していた。
(2020年3月掲載)
徳島県 海部高校 生徒のみなさん2徳島県 海部高校 生徒のみなさん3徳島県 海部高校 生徒のみなさん4
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾