検索する
おだえいよう

織田栄養専門学校

(専門学校/東京都中野区)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

メイン写真

親身な指導で実践力を磨き多彩な分野で活躍できる栄養士をめざす

織田栄養専門学校の3つの特長

3つの特長1

活躍できる栄養士を育てる履修科目

3つの特長2

実践重視のカリキュラム

3つの特長3

親身で根気強い就職サポート

栄養士の免許を取得するために法律で定められているのは、62単位。しかし、織田栄養専門学校では、2割以上も多い79単位を履修に設定しています。そのため、基礎から応用、そして専門科目までをじっくりと学び、しっかりと身につけることができます。

織田栄養専門学校の 学科・コース

授業の半分が実験と実習!

栄養士科(2年)

上記は、2017年4月入学者対象のものです。

織田栄養専門学校の 学費のこと

■初年度納入金(2017年度)
145万円
(入学金15万円、授業料62万円、教育充実費25.2万円、実習費27万円、学習費15.8万円)
※学習用具購入費約13万円が必要です。

■学費サポート制度
【入学前から借りたい場合は?[進学ローン]】
・国の教育ローン(日本政策金融公庫)
学校納付金(入学金・授業料など)、受験にかかった費用(受験料・交通費など)、アパートの家賃など、教科書代・学習用品費・パソコン購入費・通学費用・国民年金保険料などに幅広く利用することが可能。融資額350万円以内・返済期間15年以内。
【入学後から借りたい場合は?[奨学金]】
・日本学生支援機構奨学金制度
<第一種>(無利子)
自宅生:3万円/5万3千円(月額選択)
自宅外生:3万円/6万円(月額選択)
<第二種>(有利子)
3万円・5万円・8万円・10万円・12万円から希望の月額を選択可能。
・東京都育英資金(無利子)
東京都在住の在学生が対象。貸出金額は、月額5万3千円(2015年2月現在)

織田栄養専門学校の 学ぶこと

■栄養士科
高齢化が進み、生活習慣病などが増えているなか、「健康寿命」が注目されている現代社会では、食と健康への意識が高まっています。そんななか栄養士は、保健・医療・福祉・介護・産業・教育など、様々な分野で求められている職種です。織田栄養専門学校では、現場で活かせる技術はもちろん、高度な知識も身につけられるような講義・演習・実験・実習を用意し、どの分野でも活躍できる栄養士の育成に力を入れています。

■選択演習
2年次には、興味のあるジャンルや将来目指す分野を選択し、身につけた技術や知識をより発展させることができる「選択演習」を採用しています。「調理学」「食品学」「栄養学」「臨床栄養学」の4つの分野を用意し、即戦力として活躍するためのベースをつくります。

織田栄養専門学校の 学生生活

■宿泊研修
新入生同士の親睦を深めるために、毎年4月に行われる恒例行事。初めは緊張していた学生たちも、研修中に行われる様々な行事を通して打ち解けます。

■研修旅行
1年次の12月には、ヨーロッパ研修が行われます(希望者のみ)。日本ではお目にかかれないような食材に触れて食べることや、現地の人気のレストランの見学などを通して、日本とヨーロッパ食文化の違いなどを感じられる貴重な機会です。

■その他
校外学習やテーブルマナー講習など、実際に栄養士が活躍している現場で自ら見聞し、体験することを通して、実践的に学習することができます。座学では学べないリアルな現場を体感する貴重な機会です。

織田栄養専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒164-0001 東京都中野区中野5-30-4

TEL.03-3228-2111  FAX.03-3387-3496  (代) 

ホームページ http://oda.ac.jp/js
E-mail info@oda.ac.jp
ページの先頭へ

織田栄養専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

織田栄養専門学校

体験入学

【日程】10/08

織田栄養専門学校

夜間見学・説明会

【日程】12/06

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで織田栄養専門学校の情報をチェック!