おおてまええいようせいかがくいんせんもんがっこう

大手前栄養製菓学院専門学校

2016年4月に大手前栄養学院専門学校、大手前製菓学院専門学校と統合し校名変更しました
(専門学校/大阪府大阪市中央区)

資料請求

願書請求

製菓学科

厚生労働省指定の実習時間は420時間。
その2倍以上の850時間の実習時間で鍛え、1年間でプロになる

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
製菓学科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
製菓学科の特長
取得受験資格

■製菓衛生師
国家資格である製菓衛生師の受験資格が得られます。
製菓技術だけでなく、お菓子の成分から衛生管理までの幅広い知識を持つ製菓のエキスパートになります。

カリキュラム

■まったく新しい製菓の「英才教育カリキュラム」
通常の製菓1年制コースでは420時間の実習授業。その2倍の実習で徹底的に鍛えあげます。お菓子作りを楽しむことだけの学校生活ではなく、2年目にはプロとして仕事をするための「英才教育カリキュラム」です。

■2倍の実習授業時間
通常の製菓実習は420時間ですが、本校では2倍以上の850時間(製菓実習420時間+製菓実習II430時間)を確保しています。
製菓実習II430時間は、特別実習授業270時間+特別集中実習160時間で構成され、徹底的に製菓の腕を磨きます。

■時間割例
「実習時間が2倍」というのは実際の時間割では1週間の授業時間45時間(1日9時間×5日)のうち24時間分が実習授業になります。
今日も実習、明日も実習。それが大手前の本気です!

卒業後の進路

■プロの現場で通用する人材育成で高い実績
製菓現場で問題になっているのは、慢性的な早期退職傾向。入社3年以内に6~7割の人が退職してしまいます。
(1)基本的なことから教えていられない状況なのに、その基本ができていない
(2)お菓子が好きな自分のためではなく、お客様のために働く覚悟がない
(3)先輩も長続きしていないので、新人の面倒をみる先輩の人材不足
という現状から現場が求めるレベルは意外に高く、「こんなにシンドイとは思わなかった」と辞めてしまっているのが現実です。
本校では、オープンキャンパスの段階から「遊びの要素を排除」して、楽しい学校生活ではなく、プロの世界で通用する人材育成を目的とした現実的な学校運営をしています。

特待生制度

製菓学科の入試では特待生制度は実施しません。年間192万円の学費は一見高く見えますが、本校の実習授業の時間数で換算すると、他校では260~300万円に相当する内容です。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学

 

目指せる職業
  • クッキングアドバイザー
  • パティシエ
  • 製菓衛生師
  • 製パン技術者
  • カフェオーナー
  • 和菓子職人

資格

    製菓衛生師(受験資格)

就職について

パティシエ  パン職人  和菓子職人  バリスタ  カフェオーナー
製菓衛生師(国家試験受験資格)

大手前栄養製菓学院専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前2-1-88

TEL.0120-01-7698 

ホームページ https://www.pro.otemae.ac.jp/
ページの先頭へ

大手前栄養製菓学院専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで大手前栄養製菓学院専門学校の情報をチェック!