児童英語教師/九州・沖縄/専門学校検索結果一覧

1
見つかりました。

エリア

職業

学費

児童英語教師とは

子どもたちを相手に、楽しませながら英語を教える
日本人の英語を中心とした外国語習得意欲は非常に強いものがあり、こうした社会背景の中で、高校生から社会人向けの外国語専門学校やスクールに加えて、最近では、小さな子どもを持つ家庭においても「語学は小さいときに学ぶ方がしっかり身につく」といった理由から、幼児や児童を対象にした英語教室が増加傾向にあります。また、小学校でも総合学習の一環で、多くの学校が英語の勉強を………
update …最近情報が更新または追加された学校

児童英語教師/ 九州・沖縄/ 専門学校

1~1件を表示しています。(全1件)

児童英語教師を目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「児童英語教師なるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。