建築・土木・インテリア系

建築・土木・インテリア系の職業

建築士になるには

マイホームからビルまであらゆる建築物を企画・設計する

一般住宅や店舗、公共施設、学校、空港などあらゆる建築物の企画・設計、工事監理などの業務を行うのが建築士の仕事です。快適で、災害などに対して安全であり、なおかつ、法令にかなった建築物を造るのが使命です。 建築士になるには、国家資格を取得しなければなりません。一級建築士と二級建築士、木造建築士に分けられ、資格により扱える建築物の規模が異なります。学校、病院、デパートなど延べ面積が500平米を超えるもの、鉄筋コンクリート構造で、延べ面積が300平米を超えるものなどは、一級建築士でないと設計・工事監理ができません。建築士になるには、専門学校や大学・短大の建築・土木学科を卒業して二級建築士の試験を受けるのが一般的です。さらに実務経験を積めば、一級建築士試験が受けられます。 主な職場は、建設会社、工務店、設計事務所、官公庁などです。キャリアを積めば、独立して建築設計事務所を開くことも可能です。 建築士には、地形や構造、建材などに関する幅広い知識や建築の技術などのほかに、クリエイティブな感性が求められます。また、計画力や企画力も大切です。最近は、バリアフリー住宅やソーラー住宅など、付加価値も注目されていて、新しい知識も必要です。家は「一生で一番大きな買い物」ともいわれるだけに、建築士の責任は重大ですが、それだけやりがいのある仕事です。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より