医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

医療事務になるには

医療現場での事務職のエキスパート

病院などで健康保険による診察を受けた場合、支払う費用は保険で定められた負担率で費用を支払います。その際、患者負担分以外の残りの費用は健康保険組合から病院へ支払われます。これが健康保険の適用による診療料金システムの基本ですが、それには病院側で所定の事務手続きが必要となります。患者の診療報酬請求明細書を「レセプト」といい、そのレセプトを作成するのが医療事務員の主な仕事です。なお、保険組合にレセプトを提出する事務手続きのことを「保険請求事務」といいます。医師の診察による処置や薬には個々に保険点数が決められており、この点数によって患者・保険機関の支払う金額が決定されます。医師が記入した処置名や薬名を点数早見表などと照合して正確にチェック・記録するのが医療事務員のメインとなる仕事です。 医療事務員として働くためには、保険請求事務以外にも医療に関する専門的な書類やさまざまな医薬品、医療保険に関する知識なども必要とされます。そのため、医療事務員を養成する専門学校などで知識を修得しておくと良いでしょう。病院職員として働く場合や、派遣会社に登録して病院に派遣される場合、パートタイマーやアルバイトとして働く場合など、医療事務員はさまざまなパターンで働くことができるのも特徴です。