名古屋芸術大学の研究・授業内容紹介

人類生存のための教養

名古屋芸術大学
芸術学部 芸術学科
芸術教養領域


 人類生存のための教養
生きてゆくのになぜ教養が必要か。さまざまな視点から考えよう
教養は単なる「知識」ではなく、社会で活躍するため、あるいは生きていくため、なくてはならない「力」となります――見ることを楽しみ考える力、情報を集めて整理し活用する力、ことばとは何かを知り効果的に使う力、文化の違いを知り自分と他者を理解する力――。多様な専門性をもつ教員のオムニバス授業で、教養が、自分の人生そして人類の生存にどう関わるかを問い、学びます。

写真大

写真小1

写真小2

興味はやがて、教養という力になる。
アート、音楽、サブカルチャー… 芸術に興味はあるけれど、それを将来にどう結びつけたらいいのか分からない。芸術教養領域リベラルアーツコースは、そんな「興味」を社会で活きる「力」に変えます。
ビジュアル、サウンドという芸大ならではの視聴覚メディアに加え、英語、日本語、情報という5つのリテラシーを修得し、さらにプロジェクト授業で問題発見・解決能力を磨きます。
興味から始まり、関連するスキル、知識、さまざまな思考法を身につけていくことで、社会で広く求められる力、そして生きていくための力を身につけましょう。
何者にもなれる君へ。
芸術大学を卒業後、一般企業などで活躍する人が増えてきました。そこでは情報や言語を使いこなし、多様な文化を理解する力、すなわち教養が求められます。一方、芸術大学という空気の中で醸成される経験的な知、芸術全般に関する知識・デザイン力も、多くの職場で求められるようになっています。その両方を幅広く学ぶ芸術教養領域リベラルアーツコースが育むのは、これまでにない複眼的な思考とコミュニケーション力。それらを備えた卒業生の活躍の場は、企画や広報、シンクタンク、国内外のNGO・NPOなど多彩に広がります。

名古屋芸術大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●東キャンパス(芸術学部[音楽領域・芸術教養領域]、人間発達学部)

〒481-8503 愛知県北名古屋市熊之庄古井281番地

TEL.0568-24-0315  (代)  FAX.0568-24-0317 

ホームページ http://www.nua.ac.jp
E-mail info-m@nua.ac.jp
ページの先頭へ

名古屋芸術大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで名古屋芸術大学の情報をチェック!