検索する
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
にいがたしょくりょうのうぎょうだいがく

新潟食料農業大学

平成30年4月開学
(私立大学/新潟)

資料請求

オープンキャンパス参加

メイン写真

「食・農・ビジネス」を学び、食料産業をリードする人材を育成

新潟食料農業大学の3つの特長

3つの特長1

「食・農・ビジネス」を学び、高度なジェネラリストを育成する

3つの特長2

農学、ビジネス・経営学、食品科学の多様な学問領域を学ぶ

3つの特長3

一人ひとりへのきめ細やかなサポート体制

今、食と農の分野には、消費者やユーザーの期待を出発点に置いて市場が望むものを生産・加工する考え方が求められています。本学は新しい食と農に関する産業に不可欠な「フードチェーン」「マーケットイン」の2つの視点に基づき、食料産業界をリードするジェネラリスト(総合職人)を育成する新しい大学です。

新潟食料農業大学のとっておきニュース

新潟食料農業大学 平成30年4月開学!

とっておきニュース

【イベント情報】
●12/16(土) 大学説明会・キャンパスツアー
【大学説明会】特別ゲスト講演、一般入試対策講座、体験型模擬講義など
【キャンパスツアー】初公開の施設・設備がたくさん!胎内・新潟両キャンパスをバスで巡る見学ツアー
※どちらかのプログラムへのご参加となります。

●12/23(土・祝) 東京・郡山出張説明会
(1)10:30~12:00
(2)12:30~14:00
(3)14:30~16:00
[会場]東京:中野サンプラザ、郡山:郡山商工会議所

●出張個別相談会【12/26(火)まで】
皆さんの高校で個別相談会を開催します!
ご希望の日時に、本学のスタッフが皆さんの高校へ伺い個別で説明及び質問にお答えします。

詳細・お申込みは本学HPをご確認ください。

新潟食料農業大学の 学科・コース

食料産業学科[2年次よりコース選択]
  アグリコース
  ビジネスコース
  フードコース

上記は、2018年4月入学者対象のものです。

新潟食料農業大学の 学費のこと

■2018年初年度納入金
150万円(入学金25万円、施設設置費25万円、実習実験費10万円を含む)

新潟食料農業大学の 学ぶこと

【「食・農・ビジネス」を一体的に学び、高度な専門性を兼ね備えた「ジェネラリスト」を育成する】

・1年次:食料産業を一体的に学ぶカリキュラムを配置し、フードチェーン全体を理解する
総合理解を深めるため、前期には田畑での実習や、経済学、食文化などを学び、後期には簿記・会計やフードサービス、食品製造から味覚についてなど「食・農・ビジネス」を幅広く学び、フードチェーン全体を理解します。また、グローバル社会で役立つ英語や食料産業に密接に関係する多様な教養科目で社会での即戦力を養います。

・2~4年次:2年次以降は3つのコースに別れ、それぞれの専門分野に特化した授業を展開
共通科目により総合理解を深める授業・現場実習を行いながら、希望する選択コースにより、専門性に特化した知識・技術を身につけます。
●アグリコース≪環境にやさしく効率的に、おいしくて安全な作物をつくる≫
●ビジネスコース≪「つくる」と「食べる」をつなぎ、支える≫
●フードコース≪消費者の“食べる”ニーズにこたえ安全・安心なおいしさを届ける≫

・4年次:自身の研究と他コースとの連携講義で、新しい時代の食料産業を創造する
自身で定めたテーマに沿って卒業研究に取り組みます。また「食・農・ビジネス」の学びを統括する講義「食料産業実践論I・II」では、異なるコースの学生と連携・協働してビジネスプランを立案するなど、専門性を兼ね備えたジェネラリスト(総合職人)としての力を身につけます。

新潟食料農業大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●新潟食料農業大学 入試事務室

〒950-0932 新潟県新潟市中央区長潟1丁目17番8号

TEL.025-257-1855  (代)  (平日9:30~17:00)

ホームページ http://www.nafu.niigata.jp/
E-mail agrifood@nuhw.ac.jp
ページの先頭へ

新潟食料農業大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで新潟食料農業大学の情報をチェック!