外交官

日本(にっぽん)を代表(だいひょう)して、世界(せかい)のいろんな国(くに)の代表者(だいひょうしゃ)と話(はな)し合(あ)いをするのが外交官(がいこうかん)だ。日本(にっぽん)と相手(あいて)の国(くに)が、政治(せいじ)や経済(けいざい)、文化(ぶんか)などいろんな分野(ぶんや)で協力(きょうりょく)しあい、よい関係(かんけい)が作(つく)れるようにする大事(だいじ)な仕事(しごと)なんだ。スポーツで言(い)うと“日本代表選手(にっぽんだいひょうせんしゅ)みたいな感(かん)じかな。外交官(がいこうかん)の中(なか)には、仕事(しごと)で100ヵ国(かこく)ぐらい行(い)く人(ひと)もいるんだよ。もちろん外国語(がいこくご)はペラペラだし、外国(がいこく)にある大使館(たいしかん)や領事館(りょうじかん)などで仕事(しごと)をしている人(ひと)もたくさんいるよ。また、まずしい国(くに)の人々(ひとびと)や、困(こま)っている国(くに)の人々(ひとびと)を助(たす)けることも大切(たいせつ)な仕事(しごと)の一(ひと)つなんだ。日本(にっぽん)や世界(せかい)の国々(くにぐに)ために、大(おお)きな役割(やくわり)を果(は)たしているんだね。

外交官(がいこうかん)になるには

大学(だいがく)などを卒業(そつぎょう)→国家公務員試験(こっかこうむいんしけん)に合格(ごうかく)→外務省(がいむしょう)に就職(しゅうしょく)→外交官(がいこうかん)

私立中学校のパンフレット取り寄せ