豆腐屋

地域(ちいき)の商店街(しょうてんがい)などでよく見(み)かける豆腐屋(とうふや)さん。買(か)い物(もの)について行(い)って、「とうふ一丁(いっちょう)、ください」「へい、まいどあり!」という元気(げんき)な声(こえ)を聞(き)いたことがある人(ひと)もいるのでは? そのまましょうゆなどをつけて食(た)べるだけでなく、いろんな料理(りょうり)に使(つか)われている豆腐(とうふ)。作(つく)り方(かた)は、原料(げんりょう)となる大豆(だいず)を水(みず)にひたすところから始(はじ)まるんだよ。気温(きおん)や水(みず)の温度(おんど)によって、ひたしておく時間(じかん)をちょうどいい具合(ぐあい)に変(か)えていくんだ。ほかにも、大豆(だいず)を煮(に)る時間(じかん)や豆腐(とうふ)をかためる時間(じかん)など、じょうずに判断(はんだん)するのがウデの見(み)せどころ。最近(さいきん)では若(わか)い人(ひと)を中心(ちゅうしん)に、こだわりの豆腐(とうふ)を作(つく)ったり、豆腐(とうふ)にユニークな名前(なまえ)をつけているお店(みせ)もあるよ。

豆腐屋(とうふや)になるには

特(とく)に資格(しかく)は必要(ひつよう)ありません。豆腐屋(とうふや)や豆腐(とうふ)を作(つく)っている工場(こうじょう)で経験(けいけん)を積(つ)み、独立(どくりつ)するなどの方法(ほうほう)があります。

私立中学校のパンフレット取り寄せ