カメラマンになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

カメラマンになるには

さまざまなメディアを彩る写真を撮る

 カメラマンとは、報道や芸能、広告などの分野で写真を撮影するカメラのスペシャリストです。新聞社や出版社、広告代理店などに勤務する場合と、フリーランスで働くなどのパターンがあります。  どのような形で働くとしても、カメラマンになるには、カメラをはじめとする機材の扱い方を覚えることが必須です。また、光の当て方や構図など、撮影に関するさまざまな知識を身につけて実践できることも必要になってきます。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

カメラマンになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(写真関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)