画家になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

画家になるには

感性を絵にして人の心を動かす芸術家

 画家は、自分の描きたいテーマで作品を仕上げ、個展などで作品を売って収入を得ています。画家として必要な基本技術は、専門学校や美術大学で学ぶとよいでしょう。  画家になるために必要な資格はありませんが、作品を売るためには、公募展で賞を受賞するなど、画家としての地位を確立することが必要です。画家の仕事だけでなく、副業でイラストレーターや美術教師をしている人もいます。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

画家になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(芸術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)