絵本作家になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

絵本作家になるには

絵と文章で、みんなに夢と感動を届ける

物語と絵によって作品を創りだすのが絵本作家です。制作スタイルはさまざまで、物語と絵を別々の人が担当する場合や、イラストレーターや画家と作家が共同作業する場合、さらには全て一人の作家が行うこともあります。また、民話や昔話のような既にある物語に合わせて、絵を描いて創るスタイルもあります。 絵本で最も大切なのは「何を題材に、どのように表現するか」という着眼点です。そのため、絵本作家には日常生活の中で観察したものをアイデアとして活かす洞察力や創造力が必要です。斬新な発想を絵と文でいかに表現し、出版社の目に留まる作品を創ることができるかが成功の鍵になります。 絵本作家の仕事内容は、まず題材に独自の発想を組み込みながら、話の流れと構成を考えます。そして絵の配置、色付け、文章の配分や配置などを考えて書き込みながら下描きをしていきます。下描きが完成したら、本番の色付けをして原稿を完成させます。絵本作家を目指すなら、イラスト科のあるデザイン系の専門学校で学んだり、自作をコンクールや出版社に持ち込むのが一般的です。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

絵本作家になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(文学関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)