まんが原作者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

まんが原作者になるには

まんがのストーリーを作り上げる

まんが原作者とは自分では画を描かずに、設定やストーリーを作成して、まんが家に提供する人のことです。 手法としては、脚本形式で提供し、作画担当者がまんがに起こすものや、原作者が「ネーム」というまんがの下書きの形までを作って作画担当者に渡す場合があります。基本的にはまんが家や編集者とのディスカッションを通じて創作活動を行ないます。まんがの原作提供だけを仕事にしている人はまれであり、脚本家や小説家など他に仕事を持っている人が多いのが特徴。まんがのストーリーを作るために新聞や雑誌、独自の取材、インターネットを活用して情報を集めるなど、ライターに似た面もありますが、表現段階になるとセリフの表現の工夫や、絵柄とのバランスをチェックするなど、構成力や描写力が求められます。 まんが原作者になるには、まんが家のアシスタントの経験を積んで独立したり、出版社に作品を持ち込んで認められたり、出版社主催コンテストに応募して採用されるといったものが一般的です。出版社などが開くまんが教室や専門学校、美術デザイン系の学校などで、まんがを描く基礎技術を習得しておくと良いでしょう。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

まんが原作者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(文学関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)