ニットデザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ニットデザイナーになるには

ニットの知識と技能に長けた万能選手

近年、世界のアパレル業界にニット製品が増加しており、ニットデザイナーが注目を集めています。ニットデザイナーは、素材選びから1本の糸作り、デザイン画作成まですべてに関わります。ニット製品には、オートクチュール(ハンドメイド1点もの)と産業ニットがあります。スーツ、ドレス、セーター、小物など幅広い商品のデザイン画はもちろん、糸やマシーン(編機)についての知識も大切です。工場で大量生産される既製品のデザインを担当する場合も、初歩的なマシーンの知識は必須です。 ニットメーカーでは資質の高いデザイナーが求められるため、専門学校など関連する学校で学び、マシーンの知識、製図、色彩、素材、手芸などの基礎を身につけましょう。また常に新しい情報の収集にも気を配りたいところです。 卒業後は、ニットメーカーやニットデザイナーの事務所などに就職し、手編みの基本から、ニットの企画生産知識、ニットのパターン技術・裁断・縫製・リンキング、ニット用ミシンを使った技術を習得し、実績を積み、腕を磨いていけばニットデザイナーとしての幅が広がります。独立後に、オリジナルブランドの創作やニットメーカーとの契約、編物学校の教師など活躍の場を広げる際に役立つはずです。また、編物技能検定1級の資格は顧客の信頼を高めるので、知識・技術を習得したらぜひ検定試験に挑戦しましょう。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ニットデザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

ファッション・きもの系(ファッションデザイン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)