縫製技術者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

縫製技術者になるには

プロの縫製テクニックを駆使して仕立てる

縫製技術者とは、デザイナーが描いたデザイン画をおこしたパターン(型紙)をもとに、洋服を縫製する職人です。同じ製品を大量に扱う既製服の縫製は、襟専門、袖専門など、縫製部分別に分業化されている場合もあります。一方、コレクションの発表会や展示会などに使われるサンプルやオーダーなど、一点物の縫製は、素材やデザインが新しいものが多いので、ファッションセンスが問われます。 ブラウス、ワンピース、フォーマルウェアなど、幅広くこなす技術を身につけて独立を目指すのも一つの道です。お客様の注文により、好みや目的、体型に合わせた紳士服をつくりあげる職人を特にテーラーと呼びます。丁寧に仕上げられた紳士服は、馴染みの客の信頼を得て、固定客を獲得することも可能です。 縫製技術者は、仕上がりの美しさを要求される技術職ですので、縫製技術に加えて、手先の器用さなどの細やかさも必要と言えるでしょう。 プロの縫製技術者を目指す人は、服飾系の専門学校などで縫製技術を学ぶといいでしょう。卒業後は、デザイナー事務所やサンプルメーカー、アパレルメーカーなどに勤めるパターンが多く、そこで技術を磨きます。また、洋裁技術検定上級などの資格を取得しておくと、スムーズに仕事に入れるでしょう。

ファッション・きもの系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

縫製技術者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

ファッション・きもの系(洋裁関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)