ゲームデザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ゲームデザイナーになるには

ゲームソフトをデザイン面から魅力的に演出

ゲームデザイナーとはゲームソフトのキャラクターやその場面など、ゲームに必要なさまざまなものをデザイン・制作する仕事です。家庭用のゲーム機やパソコン、ゲームセンターの大型ゲーム機など、ゲームは今やさまざまな場面で親しまれています。ひとくちにゲームソフトといっても、ロールプレイング・スポーツ・パズル・格闘技などさまざまな種類があります。そして、幼児向けから大人向けのものなど幅広い層で利用されています。ひとつのソフトを作るには何人かでチームを組むのが一般的で、プログラミング・音楽・キャラクターデザインなど、各分野の専門家がそれぞれのパートを担当しながら進め、チームワークが求められる仕事です。 ゲームデザイナーには、デザインセンスやCGに関する知識が必要です。ゲームデザイナーは、ゲームの内容をイメージし、キャラクターや風景などを作成してゲームに取り込んでいくので、日常から美術・芸術・デザインに注目し、立体のデッサン力も身につけておきましょう。また、コンピュータ・ゲーム系専門学校などで、ゲームプログラミングに関する知識も身につけておいたほうがいいでしょう。 卒業後は、ゲーム制作会社に就職して、ゲームデザイナーとして勤務します。専門学校などで学習した知識や技術を基礎に、実務を通じて知識を深め、技術を高めましょう。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ゲームデザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

コンピュータ・ゲーム系(ゲーム関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)