ゲームプランナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ゲームプランナーになるには

ゲームのグランドデザインを創作する

ゲームプランナーは、ゲームのベースとなるアイデアを探し、企画する専門家で、ゲーム制作の司令塔ともいえる重要な役割を担います。市場動向やユーザーの嗜好など、様々な観点からヒットするゲームを分析し、新しいゲームの立案から全体のシナリオを作成したり、制作チームをまとめます。企画をプレゼンテーションする能力、市場動向や流行をとらえる情報収集力、ゲームのシナリオにもかかわるので文章力も求められます。さらに、ゲーム制作も多くのスタッフとの共同作業なので、仕事が円滑に進行するよう潤滑油としての役割も求められます。 制作に関する知識、企画力、情報収集力など、ゲームプランナーに求められる基礎的な知識を専門学校で学ぶとよいでしょう。 卒業後、ゲームメーカーやゲームソフト制作会社に就職します。経験を積んで、この業務に抜擢されることが一般的です。また、現状ではゲームシナリオライターやゲームデザイナーが、ゲームプランナーの仕事を兼務している場合が多いようです。 いずれにしても、ゲームプランナーの仕事の最大の魅力は、自分が企画したゲームが作品として完成し、それが世に出るまでを見続けることができることです。これまでにない斬新なゲームを創造するゲームプランナーが世に出てくることを、業界全体が待ち望んでいます。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ゲームプランナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

コンピュータ・ゲーム系(ゲーム関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)