ゲームディレクターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ゲームディレクターになるには

ゲーム開発チームのまとめ役

ゲームソフトウェアの制作は、デザイナー、サウンドクリエーター、プログラマなどがチームになって企画・開発されます。ゲームディレクターは、この開発チームのまとめ役で、ゲーム制作の指揮をとり、チームの各担当に業務を指示します。ゲームの原案作成から、制作指揮、発注元の会社との交渉など制作の全過程に関わるので、ゲーム制作全般についての知識と経験が必要です。ゲームの開発から完成までには一般的に1年~3年かかり、その間、開発チームのさまざまな意見を聞いたり問題を解決し、よりよい作品ができるようにリードしていきます。また、ゲームの制作はその製品の納期がはっきりとしているので納期を守るためにも、ゲームディレクターには制作の進み具合を管理し、リーダーシップを発揮することが求められます。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ゲームディレクターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

コンピュータ・ゲーム系(ゲーム関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)