インテリアコーディネーターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

インテリアコーディネーターになるには

快適で機能的な空間をつくるインテリアの専門家

快適で機能的な空間づくりのために、照明や壁紙、家具、カーテンなどインテリアに関わるあらゆる要素をコーディネートするのがインテリアコーディネーターの仕事です。商品についてはもちろん、色彩センス、建築などの幅広い知識が求められます。 インテリアコーディネーターの仕事をするのに必要な資格は特にありませんが、公益社団法人インテリア産業協会が実施する資格試験に合格し取得しておけば、ビジネスチャンスが広がるでしょう。試験は1次と2次があり、1次試験に受験資格の制限はなく、2次試験は1次試験の合格者が対象となります。専門学校や通信教育などで勉強して受験するのが一般的です。 活躍の場は、インテリア用品メーカーや住宅メーカー、設計事務所、デパートの家具売り場など、あらゆる住宅関連産業にあります。経験を積んで、フリーで活躍している人も多数います。 家具などの商品コーディネートが主な仕事なので、インテリアが好きであることが絶対条件ですが、依頼者のニーズを満たすためには、コミュニケーションを図れる能力が重要です。また、住宅の改築やリフォームの依頼の場合、主に決定権を持っているのが主婦であるケースが多いので、主婦の立場になってみて最適なコーディネートを提案できれば、なお良いでしょう。インテリアコーディネーターは、柔軟な考え方やアイデア、センスも必要な仕事です。

建築・土木・インテリア系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

インテリアコーディネーターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

建築・土木・インテリア系(インテリア関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)