チャイルドスポーツインストラクターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

チャイルドスポーツインストラクターになるには

スポーツを通して子どもたちの健全な育成を目指す

子どもたちが、楽しみながらスポーツと関わっていけるよう指導するのがチャイルドスポーツインストラクターです。子どもたちの健全な育成を目標に、初めてスポーツを体験する幼児から、スポーツの楽しさを知りつつある児童たちに、より楽しくより安全にスポーツの指導を行います。 具体的には、子どもたちの心身の発育や発達段階に応じたスポーツプログラムの作成や運動、スポーツ相談、基礎・専門的な指導とアドバイスを行います。活躍の場は主に、保育園や幼稚園・児童養護施設などです。 専門学校の中には、チャイルドスポーツインストラクター専攻コースを設置している学校もあります。子どもたちが楽しくスポーツを学べるよう指導するには、まず子どもたちを知ることから始まります。そこで幼児心理学や幼児指導論、発育発達論など、子どもに関するさまざまな専門科目を学ぶことになります。また幼稚園などで行われる実習では、多くの子どもたちとのふれあいの中から、子どもの気持ちを理解する方法やスポーツ指導の方法などを学習します。 また、地域の少年スポーツ組織の育成や、運営に関する指導・アドバイスをすることなどで、子どもたちのスポーツ能力の発達・向上や心身の健全な育成に貢献することもチャイルドスポーツインストラクターの役割です。

健康・スポーツ系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

チャイルドスポーツインストラクターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

健康・スポーツ系(スポーツ関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)