裁判官になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

裁判官になるには

国民の権利を擁護し、社会秩序を維持する「法の番人」

 裁判官は、裁判で弁護士や証人などから事件の詳しい内容を聞いて、誰が悪いのか、またどれくらいの罰とするかを判断します。時にはその判決が人の人生を左右することもある責任ある仕事です。  裁判官になるには、司法試験合格後、さらに1年の司法修習を経て、司法修習生考試という試験に合格する必要があります。その後、裁判官の第一歩である判事補になることを志望し、採用される必要があります。

公務員・法律・政治系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

裁判官になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

公務員・法律・政治系(法律関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)