DJになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

DJになるには

音楽空間を創造するキーパーソン

DJは独自の選曲で会場の雰囲気を盛り上げる仕事で、クラブDJやディスコDJなどがあります。 会場の雰囲気や客層にあった楽曲をいろいろなアーティストの作品から選び、次々とかけていきます。また、選曲やMIX(同時に複数の曲を組み合わせて流すこと)、MC(曲と曲との間のトーク)などのセンスを活かして独自の音楽空間を創造し聴衆を魅了します。世界の音楽シーン全体がダンスミュージック中心に様変わりしてきている現在、ますますDJの存在が注目されてきています。それまで知られていなかったダンスミュージックをDJがいち早く世界に発信し、世界中の音楽ファンに認知されるまでに引きあげたとも言えるでしょう。そのため、DJはダンスミュージックをよく熟知している存在とも言えます。ゆえに、今日の音楽シーンになくてはならない存在として、様々な音楽シーンで活躍しています。 専門学校などで機材の操作方法や、社会常識、文化、歴史など広い範囲の知識を吸収すると同時に、構成の下書き程度は自分で出来るようになるといいでしょう。自分の得意分野を持つこともおすすめします。音楽をはじめ、いろいろな情報に常に関心を持つようにしましょう。そして、コンテストに応募したり、クラブやイベント主催者へ売り込みをするなどしてチャンスを掴みましょう。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

DJになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(芸能関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)