パーソナリティになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

パーソナリティになるには

声で視聴者に自分の感性をアピール

パーソナリティは、ラジオパーソナリティや、DJ(ディスクジョッキー)ともいい、ラジオ番組の司会・進行役やCMのナレーションなどをつとめる仕事です。アナウンサーやタレント、声優などが兼業することもあります。きれいな日本語が使えることが条件となり、歯切れの良さ、わかりやすさなど視聴者が安心して聴けることが大切です。また、最近では英語力も必要とされます。ラジオ番組ではMC(曲と曲との間のトーク)も視聴者獲得の大切な要素です。トークのセンスを活かしつつ、様々なアーティストの楽曲を選曲し、魅力ある番組づくりが求められます。また番組を構成するうえで、台本の下書きぐらいは自分で出来た方がよいでしょう。 専門学校や養成所でパーソナリティに必要な美しい日本語を話す技術や英語能力、発音能力などを身につけましょう。また、社会常識、文化、歴史、政治経済、科学技術など広い範囲の知識を吸収すると同時に、自分の専門分野といえるものも持っておきましょう。 パーソナリティになるには、ラジオ局に勤務したり、プロダクションに所属し、オーディションを受けるのが近道です。常に音楽や社会現象など、いろいろな情報に関心を持つようにしましょう。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

パーソナリティになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

マスコミ・芸能・声優系(芸能関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)