脚本家になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

脚本家になるには

映像を作り出すためのストーリー職人

脚本家は、映画やテレビ番組、舞台などのシナリオ(脚本、台本)を書く仕事です。いちからストーリーを書き上げていく場合と、文学作品や小説などの原作をもとに、脚本を書き上げる場合があります。セリフ以外に、心理描写や場面の様子などを盛り込んでストーリーを展開していきます。 養成講座などで勉強し、独自の書き方があるシナリオのノウハウを身につけるとよいでしょう。そして映画会社やテレビ局のシナリオコンテストに作品を応募したり、直接作品を持ち込んでチャンスをつかみます。将来は、製作会社や映画会社に就職したり、フリーとして活躍するケースがあるようです。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

脚本家になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(芸能関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)